はじめに

アプリの成長において、ユーザーの定着は避けては通れません。どれだけ新規ユーザーを獲得したとしても、そのユーザーが定着せず離脱していってはどうしようもありません。今回は、ユーザーの定着に関する記事の中から、2018年にもっとも読まれた記事を5つご紹介します!この機会に見逃していた人気記事がないか是非チェックしてみてください!

1位 アプリマーケティング業界のグルメ王”トヨログ”こと豊野圭太が語るゲームアプリマーケティング

https://growthhackjournal.com/interview-toyono/

この記事では、ゲームアプリのデジタルマーケティングに携わってきた豊野さんに、新規ユーザーを定着させる重要性から、何ができるかまでご紹介していただきました。記事の後半では、アプリマーケティング業界のグルメ王とも呼ばれる豊野さんにお店をを紹介していただいています。

2位 2018年、ユーザーはプッシュ通知をどう受け取るのか

https://growthhackjournal.com/push-notification-survey-2018/

2018年におけるプッシュ通知の傾向として、ただユーザーが嫌がるだけのものではなくなったというのは皆さんも実感しているのではないでしょうか?

この記事では、ユーザーが受け取りたいと思うようなプッシュ通知の送り方をご紹介しています。ご紹介している施策は2019年でも有効なものばかりですので、この機会に是非読んでみてはいかがでしょうか。

3位アプリにおけるリテンション率の指標を徹底解説!

https://growthhackjournal.com/mobile-apps-whats-a-good-retention-rate/

アプリマーケティングの担当者ならば、一度はアプリの成長が鈍化する経験をしたことがあるのではないでしょうか。どれだけ新規ユーザーを獲得できていても、リテンション率を上げなくてはユーザー数の増加は見込めません。

この記事では、リテンション率を上げるためのマーケティングについてご紹介しています。

4位 オンボーディングを向上させる13のウェルカムメッセージ

https://growthhackjournal.com/13-simple-welcome-messages/

アプリを起動して最初に表示されるメッセージはユーザーが受けるアプリの第一印象に大きく影響します。せっかくアプリをDLしてもらっても、オンボーディングがうまくいかなければ離脱につながってしまいます。この記事では、オンボーディングを向上させるために参考になる例を13個ご紹介します。

5位 アプリ内メッセージでリテンションを向上させる方法

https://growthhackjournal.com/in-app-messaging-the-mobile-marketers-secret-weapon/

ユーザーを定着させるためにはプッシュ通知の対策を行う必要があることはみなさんもご存じだとは思いますが、アプリ内メッセージも対策を行う必要があります。この記事では、アプリ内メッセージを送る重要性をご紹介しています。

最後に

いかがでしたか?定着率を上げるためには、ユーザーに寄り添うことが必要不可欠です。今回ご紹介した記事を参考に、アプリマーケティングに取り組んでみてください!


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


【毎月5社 限定】ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら