アプリをDLしてもらうには、あなたが思うアプリの魅力と、ユーザーが思うアプリの魅力の違いを理解することはとても重要です。

ユーザーは、アプリにどのような機能があるのかということよりも、そのアプリを使って何ができるのかを知りたいと思っています。そのためアプリの説明をする時は、アプリの機能ではなく、アプリを使用するメリットについて記述するようにしてみましょう。

この記事では、アプリの説明文を書く上で意識するべき5つのコツをご紹介します。

1. 簡潔に書く

アプリがいかに素晴らしいかということを長々と説明するのではなく、メリットをできるだけ簡潔に説明しましょう。また、論文のように長い文章は読みにくいため、箇条書きでまとめるのがおすすめです。文章が長いもの、簡潔なものの2パターンでA/Bテストを行い、どちらが効果的かを検証してみるのもいいでしょう。

Assignment Help」のライターであるSusie Shore氏は、「どういった言葉がユーザー獲得に繋がったのかを記録し、次回説明文を記述する時に使いましょう。そして、そのアプリが問題を解決するためにあり、人々の生活に役立つものであるということを強調しましょう。」と述べています。

2. コア機能に焦点を当てる

UKWritings」のテクニカルエディターであるBrant Jones氏は、「アプリのメリットを効果的に書くためには、コア機能に焦点を当てましょう。細かな機能の詳細を長々と書くのではなく、そのアプリのもっとも重要な機能に集中して書いて下さい。」と述べています。

アプリ開発者であれば、一般的なユーザーが気付かないような機能や、あまり評価しない細かい機能についても魅力を感じ、説明したくなるかもしれません。しかし、あなたのアプリが必要である、とユーザーに思ってもらうためには、コア機能をわかりやすく伝える必要があります。アプリの最も重要な機能に焦点を当て、それがどういった機能なのかを簡潔に説明することで、読み手はそのアプリで何ができるのかをすぐに理解することができるのです。

3. 機能を追加することをやめる

新しい機能をどんどん追加し、それによって更にアプリの価値を高めることができると思うかもしれません。しかし先ほども述べたように、大切なのは、アプリで何ができるのかという点です。あまりにも機能が多いと、ややこしく、複雑なアプリだと認識されてしまいます。ユーザーに魅力的で使いやすいアプリだと思ってもらえるためにも、UXをあまり複雑にしないよう心がけてください。

4. アプリは決して“完成”しないということを念頭におく

アプリは時と共に変化していきます。これは、アプリの機能においても同じです。しかし、コア機能はあまり変わることはありません。アプリの新しいバージョンをリリースする際には、それがユーザーが今まで親しんで使っていたアプリと変わらず、さらに改善されたものであることを強調して書くようにして下さい。

アップデートがどんなに素晴らしいものであったとしても、その新しいバージョンを、全く別のアプリであるかのように紹介するのは避けましょう。ユーザーは、既にあるアプリが好きで使ってくれているのです。アップデートをしたことによるメリットを記述することはもちろん重要ですが、アプリの基盤となる機能は同じであるということも忘れないでください。

またアプリの説明文を更新する際は、少なくとも一度は読み直すようにしましょう。 説明文は、読み手により訴えかけるように、そしてより強い文章になるよう、常に見直すことが大切です。

5. アプリのフィードバックをもらう

ターゲットユーザーがアプリに何を求めているかを知っておく必要があります。アプリがその目的と合った形で機能しているかを確認する最適な方法は、マーケティングリサーチをすることです。 アプリ開発とテストの繰り返しも大切ですが、まずはアプリをリリースして、どんな結果になるのかを見てみましょう。そうすることで、ターゲットユーザーを獲得するための改善点が見えてくるかもしれません。

このように、開発に長い時間をかけるよりも、実際にアプリのマーケティングリサーチを行い、改善点を早くに見つける方が効率的だと言えます。そしてそのフィードバックを、アプリのアップデートや、キャッチコピーに活用しましょう。

最後に

アプリの説明文を書く時には、ユーザーの目線になって文章を考えましょう。そして、アプリで何ができるのかについて簡潔に書くことを意識します。 一般的なユーザーは、アプリの最新のアップデートがPWA技術を使っているかどうかなどといった専門的な情報は求めていません。ユーザーにとって、そのアプリが日常で役に立つかどうかが一番の問題なのです。

この記事は、Bizness Apps社のブログ”Reseller Tips: 6 Ways to Write About An App’s Benefits, Not Features “を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on Bizness Apps in English under the permission from the author.


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


【毎月5社 限定】ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら