サービス成長に携わるすべての人を応援するためのGrowth Hack Journalのインタビュー企画「Sailing Report」。

今回は「メディア企業によるリアルコミュニティ作り」というホットなテーマに取り組む、2人の仕掛け人のお話をお届けします。

2019年2月に日本経済新聞とnoteが共同プロデュースで開始したコミュニティ「Nサロン」は、100名の定員に対して2倍以上の申し込みがあるなど大きな注目を集めています。

今回はNサロンのブランドづくりを担当し、わずか3ヶ月で自走するコミュニティへと育て上げた日本経済新聞社の永吉氏とピースオブケイクの水野氏に、Nサロン誕生の背景と展望についてたっぷり語っていただきました。

記事の最後に、日本経済新聞社 永吉氏、ピースオブケイク 水野氏も登壇するイベント「aCrew」の告知もありますので、お見逃しなく。

プロフィール

 

永吉 貴志(ながよし たかし)写真左

日本経済新聞社所属 / 1976年、福岡県出身。角川書店などでメディア事業に携わった後、2012年日本経済新聞社に入社。日経電子版の改善を担当した後、新規事業担当としてNサロンやCOMEMOのプロデュースに携わる。
https://twitter.com/nagayoshi76

水野 圭輔(みずの けいすけ)写真右

noteディレクター/1982年、愛知県出身。明治大学政治経済学部卒業。広告代理店、ウェブメディアでの広告企画、セールス、編集職を経て、2018年から現職。noteのディレクターとして、法人・個人のnoteクリエイターのサポートを行う。
https://twitter.com/mikkemac

「ビジネス」×「クリエイティブ」で学びと経験を提供

ーはじめに、Nサロンの活動について教えてください。

水野:Nサロンは、「ビジネス」の日本経済新聞社(以下、日経)さんと「クリエイティブ」に強いピースオブケイクの良いところをかけ合わせて、あらゆる人にとっての「学びの場」を提供するコミュニティです。

具体的な活動としては、デジタルネイティブの若手と各業界のエグゼクティブによる「トークセッション」や、サロンメンバーならいくつでも受けられる「ゼミ」の開催など、参加者にとって新しい学びと経験が得られるようなコンテンツを提供しています。

2019年2月から期間限定でコミュニティがスタートし、5月にいったん終了したところです。

Nサロン:https://nsalon.note.mu/
Nサロンnote公式:https://note.mu/nsalon

単発ではなく、持続的に広がる場作りを目指して発足

ーもともとどういった経緯で「Nサロン」は立ち上がったのですか?

 

永吉:「Nサロン」を立ち上げるきっかけとなったのは、私たち日経が手がけた「COMEMO(コメモ)」というサービスでした。

COMEMOは意見を発信したいビジネス・経済の専門家と新たな視点や気づきを得たいビジネスパーソンが出会うコミュニティで、オンラインだけでなく多くのリアルイベントを開催していました。

水野さんと一緒に働くようになったのもCOMEMOがきっかけでしたね。

水野:そうですね。ピースオブケイクと日経が資本業務提携をしたこともあり、いつの間にか毎週がっつり顔を合わせるようになってました(笑)。
単発のイベントをやっていく中で、「より未来につながるような連続的な場を作りたい」という気持ちが生まれていきました。

単発イベントは集客に毎回苦労しますし、終わりが見えないという問題もあります。ですから、ある程度クローズドな場の方が継続性と広がりが生まれるかな、と。

元々、僕自身がいくつかのオンラインコミュニティに所属していたこともあり、固定のメンバーで継続的に学びを得られる仕組みに面白みを感じていました。そこで、永吉さんを始め日経のみなさんにオンラインコミュニティの話をしたところ、かなり興味を持っていただきました。

それを機に徐々に企画を詰めて、満を持して始まったのがNサロンというわけです。

コミュニティ作りは短期的な利益獲得ではなく、中長期での種まきだと伝えて社内を説得

ーNサロンのコンセプトは、どのようにして固めていきましたか?

水野:Nサロンを立ち上げるとき、『TED(テッド)』のように、いろいろな人がアイデアを伝えられるような場にできたらいいなという想いを軸にコンセプトを決めていきました。(TED:Technology Entertainment Designの略で、世界中の著名人によるさまざまな講演会を開催・配信している非営利団体のこと)。

Nサロンの「ビジネスとクリエイティブが化学反応を起こす場を。」というコンセプトは、まさにビジネスの代名詞ともいえる日経さんと、さまざまなコンテンツが混在して「クリエイティブ」を大切にしている弊社のイメージから生まれました。

まだまだ完全ではありませんが、コンセプトに込められた多様性が、登壇者を決めたり、イベントの内容を考えたりするときの軸になっています。

永吉:通常、こうしたコミュニティづくりは短期的なメリットを追いかけると、「日経電子版ユーザーの獲得にどうつなげるか、いつになったらいくら儲かるか」というよくある話になってしまいます。

ですから、社内向けには、あくまでも中長期の種まき的な視点で説明することを意識しました。

コミュニティは今後なにかしらのビジネスの土台になっていくので、今は見えなくても必ず出口は見つけられると話を通し、短期的なメリットを追求するのはきっぱりとやめました

これからは周辺の人と一緒にコンテンツを作っていくことが大切

ーコミュニティの可能性を伝えることで社内の合意を得られたんですね。

永吉:そうですね。日経も転換期にあります。これまで144年間記事を作ってきましたが、今後は記者だけが記事を生み出すのではなく、周辺の人と一緒になってコンテンツを作っていくことが大事なんじゃないかと。

日経の得意領域であるビジネス分野だけでなく、Nサロンでnoteさんとコラボすることで、それ以外の領域も取り込むことができるし、その結果ビジネスパーソンの生活が前進すればそれでいいんじゃないか、という結論に達しました。

水野:うちとしては自由に泳がせてもらったという感覚があるんですよね。日経さんは歴史ある大手企業ですが、うちはスタートアップなので、社内の稟議をとるというよりも、加藤(ピースオブケイク代表 加藤 貞顕氏)と立ち話でOKが出ればいいみたいな部分もあります。

しかし、その分、提供するコンテンツの質には徹底的にこだわっています。「クリエイターファースト」かどうかは常につきつけられました。例えば、トークセッションの登壇者選びにおいても社長から「その組み合わせで面白い化学反応が起きるのか?」「登壇してくれるクリエイターには、どんなメリットがあるのか?」といった厳しいツッコミは節目節目で入っています。

 

クリエイターへのリスペクトが詰まったフィードバックや2社ならではのコラボを生み出すために苦労しました。
良いテーマが決まっても登壇者の組み合わせで頭を悩ませたり、人選が決まっても日程調整が難しかったり。しかし、大変な想いをして生み出したトークセッションほど盛り上がり、クローズドにするのがもったいないくらいの仕上がりになりました。

たとえば、ホテル経営者同士の組み合わせで、東大生で経営者の龍崎翔子さん(L&G GLOBAL BUSINESS 代表)と星野リゾート代表の星野さんの組み合わせは日経さんとnoteならではの絶妙なマッチングだったと思います。

メンバー一人ひとりとコミュニケーションをとる場面が多かったからこそ、1対1として対峙できた

ーNサロンを設立する際に、とくに苦労されたポイントを教えてください。

水野:要所要所で手伝ってくれたスタッフはもちろんいるのですが、Nサロンというブランドを動かしているのは私たち2人が中心なので、プロジェクトにかなり没頭しましたね。

両社とも前例のないプロジェクトですし、まずはスピーディに実践することを目指しました。ランディングページはデザインツールのSTUDIOでシンプルなものを制作し、決済方法としては「有料note※」を立て、チケット代わりに販売することで、すみやかに立ち上げることができました。

バラエティ豊かな登壇者に恵まれたこともあり、幸いにも沢山のお申込みをいただいたのですが、申込者一人ひとりに入金の確認やリマインド、質疑応答や参加可否のやり取りをしたりと、細かい事務作業も多かったですね。

※ noteの記事は、値段を設定して有料販売することも可能

ー水野さん一人で全参加者分を対応したのですか?

水野:はい、かなり大変でしたが、私一人でやりました(笑)。その結果よかったのは、コミュニティのメンバーとなる97人を1対1の関係で認識できたことです。

大人数だとついつい一括りにしてコミュニティメンバーを見てしまいがちですが、参加費用も決して気軽に支払える金額ではないですし、サロンを構成するメンバー一人ひとりがどうやったら満足してくれるのか?という点には常に向き合い続けました。

 

永吉:一般的な企業のコミュニティは何かしら売りたい製品があって、その製品を売ってくれる人たちを集めるような性質がありますよね。

Nサロンは、そうしたコミュニティとは大きく違っていて、コミュニティを継続させて育てていくこと自体を目的化しています

そのため、メンバーとの向き合い方も違いますよね。1対1でコミュニケーションがとれていますし、イベント後の飲み会にも参加したりする。

水野:実は、最初のころはメンバー同士が雑談できる場所をあえて作らなかったんですよね。

まだ場の空気があったまっていないうちに作って、閑散としているのもいやだなと思っていたので。

当初はスタートして1ヶ月くらい経ったら、交流を促す仕組みをいれようと考えていたのですが、想像以上にメンバー同士が仲良くなるスピードが速く、1ヶ月も経たないうちに「部活を作っていいよ」という提案をしました。

振り返ると、参加者を一律でサロン内のイベントやゼミに参加し放題とした設計が、功を奏したと思います。

実際に、イベントに多く参加するメンバー同士は週に2、3回は顔を合わせていました。これだけの頻度で会う人って、会社の同僚以外にはなかなかいないですよね。

サロンメンバー自らが「部活」文化を作り、3ヶ月で15の部活が自走するように

ー現在は、いくつ部活があるんですか?

水野:全部で15の部活があります。すべて、私たちが用意したわけではなく、サロンメンバーが自主的に立ち上げたものです。たとえば、新聞部という各自で持ち寄ったニューストピックスについて議論していく部活なんかは人気ですね。

ほかにも、もう少しゆるい感じのチームもあって、飲みに行くために集まる部活やスポーツ系の部活、九州出身者だけが集う部活なんかもあります。

Nサロンの部活の仕組みとしては、われわれ運営はほぼタッチせず、活動の場を提供することがあるくらいで、メンバーの中から立候補をした部長達に運用を任せています。それでも、平日や土日を問わず集まっているようですし、メンバー主体で自走するコミュニティになってきていると感じます。

ーメンバーが自走するようになったきっかけや仕組みなどはあったのですか?

永吉:当初から一過性のイベントにしないために、メンバーが自発的に動いてもらうようにすることは意識していましたね。

自走するきっかけになったと思っているのは、「Nサロン未来会議」というゼミ。Nサロンで自分は何を目的にしていて、何をやり遂げたいかを共有する場でした。

そこで議論メシの黒田悠介さんにファシリテートをしてもらって、最後に運営への要望をメンバーから出してもらったんです。そこで出てきたのが「この後どうですかバッジ」という仕組みでした。

このバッジをつけていると、イベント後に飲みに行く気があることを周囲に示すサインとなる、という案だったのですが、そのアイデアが発表された時に場がワッと湧いたんですよね。

水野:あの瞬間に、みんな、飲んで交流したかったんだということが可視化されて、その日からメンバー同士で飲みに行くことが増えました。

永吉:その後は、メンバーの顔と名前が一致しないからメンバーの名簿を作りたいということで、卒業アルバムを作る部活動なんかも生まれました。

水野:Nサロン未来会議は「何のためにあなたたちはNサロンに来てるの?」とそれぞれにスポットをあてる感じがすごくよかった。

特に印象的だったのは黒田さんがおっしゃった「一隅を照らす」という話でした。

置かれている立場は異なるのを前提として、それぞれがコミュニティにとって良いと思うことをしよう、という考えで、コミュニティ運営においてはとても重要なことです。

人任せにするのではなく、皆の役に立つことを少しずつ積み重ねていくことで、自分自身も居心地がよくなる。そういった考え方が浸透したきっかけになったと思います。

このように、Nサロンというハコを用意して、サロンメンバーのやりたいことを把握・共有し、動き出せるようなきっかけを設けたことで徐々に自走できるコミュニティへと変化していきました。

6/18のイベントでは、コミュニティ立ち上げの苦労や、社内理解のためのリアルな経験談を語る

2019年6月18日(火)開催予定のイベント「aCrew #13 メディア企業のBiz Dev」では、日経新聞社永吉さん、ピースオブケイク水野さんをはじめ、4社のメディア企業が取り組む新規事業について語っていただきます。

イベントURL:https://repro.connpass.com/event/131865/

ー最後に、イベントに向けた意気込みを教えてください。

水野:イベントでは、コミュニティ立ち上げの苦労について話したいと思っています。

コミュニティをつくる際に、目的を定めずに始めてもあまりいいことはないのですが、社内事情などで、議論しきれずに走ってしまうことって意外と多いですよね。

それがどのような影響をもたらしてくれるかは、企業によって違うので、目的はしっかり決めたほうがいいと思っています。

永吉:オールドメディアと呼ばれている私たち日経が、noteのようなスタートアップ企業と組んでうまくやっていくには、両者のコミュニケーションはもちろんですが、それぞれの社内で合意を取っていくこともすごく重要だと思いますね。

メディアの方とくにオールドメディアの方ほど、社内に理解者が少なくて悩んでいると思うんです。どうやって社内の理解者を作るか。その経験談をお伝えしたいですね

水野:永吉さんだったから、日経さんだったから実現できたコミュニティだと思うんです。

私たちとしては色々なメディアがnoteに場所をもってくださることはウェルカムなので、ぜひ、さまざまなメディアの方とコラボしていきたいです。

【執筆】花岡 郁
【撮影】小澤 健祐
【編集】Growth Hack Journal編集部

 

 

 

aCrew #2 for Media

大手メディア企業の新規事業責任者に、これからのメディアの在り方について聞く!

開催日時:6/18(火)18:30〜

イベントテーマ

今回のテーマは「大手メディア企業のZERO to ONE」です!

情報多寡の時代、著名な媒体であることの価値が下がってきている一方で、オフラインコミュニティの運営、クーポン施策、動画への活路など、大手メディア企業から従来のメディア運営を超えた新しいビジネスの取り組みが次々と始まっています。

そこで今回は、日経新聞朝日新聞の大手報道機関とスタートアップを代表するメディア企業Gunosy、そして急成長中のメディアプラットフォーム「note」を運営するピースオブケイク社の新規事業責任者をお招きし、大手メディアにおける新規事業の立ち上げ方や成功確度を上げる秘訣、主幹事業とのシナジーなどについて赤裸々に語ってもらいたいと思います。

メディア業界に在籍の方のみならず、これからメディア事業への参入を検討されている方や、新規事業のヒントを見つけたい方にとってもためになること間違いなしですので、ぜひご参加ください!

登壇者・予定テーマ

1. 株式会社Gunosy 真武氏
テーマ:オトクルの取り組みとGunosyのバーティカル戦略

2. 朝日新聞社 メディアラボ 深田さん
テーマ:朝日新聞メディアラボの取り組み
http://www.asahi.com/shimbun/medialab/

参考記事:「朝日新聞社の「実験室」、メディアラボから生まれた動画メディアの挑戦に迫る

3. 日経新聞社 永吉さん
テーマ:会員コミュニティを育てるNsalonの取り組み
https://nsalon.note.mu/

4. ピースオブケイク 水野さん
テーマ:noteの新しい取り組み

第二部

パネルディスカッション 登壇者4名 + モデレータ

 

↓ イベント詳細・申込みはこちらから ↓
https://repro.connpass.com/event/131865/

主催:Repro株式会社

開催日時:6/18(火)

開催場所:株式会社ピースオブケイク
東京都港区北青山3丁目1−番2号 青山セント・シオンビル4階

参加費:無料

 

 

 

関連記事はありません