ゲームアプリのASOとは?

ゲームアプリのASOは、他のアプリのASOとそこまで大きな違いはありませんが、最も難しいと言われています。それは、毎日多数の新規タイトルが登場し、とても強烈な競争を繰り広げているからです。

また、iOSの最新アップデートにはゲームというカテゴリが採用されており、ゲームは他のアプリから分けられました。App Storeにおいて「カテゴリ」「特集」「トップチャート」のタブは、「今日」「ゲーム」「アプリ」に置き換えられました。この独立した「ゲーム」タブで、ゲームは他カテゴリのアプリとは分離されています。Google Play ストアでも同様にメニューでは「ゲームとアプリ」のように、ゲームは他カテゴリのアプリとは切り分けられています。

数多くのゲームアプリがある中で自分のゲームアプリを際立たせるには、どうしたらいいのでしょうか?

ASOとは?

ASOとは、アプリストアでのランキングを向上させることにより、モバイルアプリの露出を増加させる 方法です。関連する検索結果で高い順位に入るほど、ユーザーを獲得できます。Webサイト向けの検索エンジン最適化(SEO)と同じように、ASOはモバイルアプリにとって必須なのです。

ASOがゲームアプリに重要な理由

「Forrester」によれば、アプリの63%はアプリストアの検索で発見されています。下の画像を見ると、アプリストアでの検索が最も一般的な発見手段であることがわかります。つまり、ゲームアプリにおいてもASOがユーザーに発見してもらうためのに最も重要です。

アプリストアでは数百万ものゲームがランキングを争っていますが、ASOが成功のカギとなるにも関わらず、ほとんどの開発者がASOに投資していません。

ASOはキーワードだけではない

ASOではキーワードの最適化で大きな効果を期待できます。アプリのタイトルと説明文に多くのキーワードが入っているほど、順位は高くなります。

しかし、ASOはただキーワードを詰め込むだけではなく、アプリストアでそのアプリを求めているユーザーに届けられているかどうかが大切です。ユーザー体験はアプリのアイコン、評価、レビュー、ローカライズなど、様々な要素で左右されます。次の段落で、順番に詳しく解説します。

アプリストアの検索順位を決める要素

Google Play ストアやApp Storeなどの大手アプリストアでは、複雑な数学的アルゴリズムにより、ユーザーの好みと検索クエリの関連性に合わせて順位が決定されます。正確なアルゴリズムは非公開ですが、いくつかの要素が順位に影響を及ぼすことがわかっています。アプリの順位も、ユーザーの検索クエリやキーワード、プロダクトページのメタデータのような多数の要素で決定されます。順位に影響する要素は次の通りです。

もう少し詳しく、プロダクトページのどの要素を更新・最適化すれば、潜在的なユーザーにゲームを見つけてもらえるのか、見ていきましょう。

アプリのタイトル

App StoreとGoogle Play ストアのどちらにおいても、アプリのタイトルは順位に最も影響する 要素のひとつです。アプリのタイトルがアプリの提供するものやコンセプトを明確に示していれば、検索結果の上位に表示されて露出とダウンロードは増加するでしょう。 App StoreのiOS 11では、タイトルは30文字まで、Google Play ストアでは50文字までになります。

Google Play ストアでもiTunes Connectでも、アプリタイトルには関連するキーワードを入れましょう。しかし、ランダムにキーワードを詰め込むのはおすすめできません。アプリタイトルは、きちんと意味が通るものであるべきです。

最適化したタイトルの、優れた例が「Peak」です。このアプリは脳のトレーニングができるゲームアプリですが、Brain (脳) 、Games (ゲーム) 、Training (トレーニング) の関連キーワードをそれぞれ入れることで簡潔にアプリの特徴を表しています。

プロダクトページ(アプリ詳細ページ)

特にGoogle Play ストアでは、アプリ詳細ページに関連するキーワードが入っているか確かめましょう。ユーザーが検索するキーワードと、どれだけ一致しているでしょうか?これはランキングを上げるというよりは発見されやすくするための戦略ですが、よく使われるキーワードを選べば、それだけ激しい競争に巻き込まれることとなり、検索結果でのランキング上位に入ることは難しくなります。

キーワードを選ぶ際、他のアプリがまだ使っていないキーワードの組み合わせを探しましょう。そうすることで、検索結果におけるランキングで上位に入ることが可能になります。

ダウンロード

どんなアプリストアでも、ダウンロード数はランキングで上位になるための主要な要素となります。大 手タイトルと競争する場合、同じダウンロード数を獲得することは難しいでしょう。

しかしダウンロード数を増やすことは、多かれ少なかれゲームが注目されるのに役立つでしょう。定期的なASOとPRで初期にインストール数を大きく伸ばすことができます。素早くダウンロード数を伸ばすためのPR活動を行えば、一時的ではありますが高い順位に入ることができ、定期的にメタデータや他の要素を最適化すれば、一定のダウンロード数をキープできます。

評価とレビュー

どちらのストアでも、良い評価とレビューはランキングに良い影響を与えます。Google Play ストアでは、レビューコメントのキーワードもスキャンされているので、App Storeよりも評価とレビューが重要となります。つまり、より詳細なレビューをもらえれば、順位も上がるというわけです。

定期的なアップデート

頻繁にアップデートされるアプリには良いレビューが集まり、それがより高い順位へとつながります。アップデートはランキングを左右する要素に良い影響があるだけでなく、バグ修正や競合アプリに先行し続ける機会でもあります。特にApp Storeでは、既存のユーザーたちがアップデートすることで、短期的ではありますがランキングが上昇します。より頻繁なアップデートは、とても効果が高いのです。

完璧なタイトルとキーワードの見つけ方

ゲームタイトルを決定する前に、タイトルが両ストアで持つ影響と制約を理解しなくてはなりません。 App Storeではサブタイトルと合わせて、タイトルは最も重要になります。App StoreでもGoogle Play ストアでも、タイトルはインデックスに大きな影響を与えるだけでなく、見込みユーザーにとっては初めて触れる情報となります。どちらのストアでも説明文はそれほど大きくは表示されないため、タイトルで訪問者にどんなゲームなのか情報を与えなくてはなりません。

アプリストアでは、提供される情報をじっくり見てくれる人は多くありません。そのため、アプリの使い勝手や関連性は、主にタイトル、アイコン、スクリーンショットのみで判断されてしまいます。 アプリの内容を伝えようにも、使える文字数はわずかです。そのため、タイトルに含まれる言葉はアプリに密接に関連しており、強いインパクトを与えられるものでなくてはなりません。

他にも、App Storeではゲームに関連するキーワードを入力することができます。これを戦略的に利用する場合、タイトルに入れたキーワードを繰り返さず、新しいキーワードを入れるようにしましょう。 Google Play ストアについては、Googleがアプリの順位を決定するため、アプリ詳細ページ全体のキーワードを分析しています。しかし、タイトルにあるキーワードが最も重要であると考えられます。

ゲームタイトルは独自性があり、内容が明確にわかるものでなくてはなりません。競合のものを真似したものや、影響を受けているものは避け、独自のブランド価値を持つものにしましょう。

モバイルゲーム向けのキーワード分析

アプリ検索のアルゴリズムは未だに原始的と言えます。アプリタイトル、詳細、サブタイトル、キーワード欄(App Storeのみに存在し、Google Play ストアではアプリの説明分からキーワードをスキャンしています。)にあるキーワードに依存しているのです。そのため、キーワードはゲームに即したもので、かつ独自のものでなくてはなりません。

キーワードの調査はどう始めればいいのでしょうか?まずは、App Storeのキーワード調査ツールや、Google AdWordsのキーワードプランナーを使いましょう。競合アプリを分析し、レビューを読み、アプリストアのオートコンプリート機能を使って、関連性がありながらもあまり使われていないキーワードを見つけてください。

ゲームアプリではASOをベースにしたキーワードの選択が少し難しくなっています。ゲームのジャンルや概要の説明(エイリアンシューティングなど)を含めることはできますが、ゲームの場合はアプリストアのトップチャートか、ブランド名から発見されることが多いです。しかしそれでも、よく使われるキーワードを見て、ASOツールで検索順位を最適化することは非常に重要です。

ポイント:アプリに手をかけるほど(定期的に季節行事やトレンドに合わせて最適化するほど)、アプリストアで特集される可能性が上がります。

おまけ:キーワードを設定する際に考慮すべきトレンドによる影響

ゾンビやお城、ファンタジー、スターウォーズ、クリスマスのような季節イベントなどなど…… 今回はゲームについて検討していますが、ランキングで上位を獲得するためには最新トレンドを活用することがとても大切です。App Storeの検索エンジンであるChompが発表したデータでは、ユーザーが検索するうちの83%が、アプリ名ではなく機能や行事を検索しています。

Google Play ストアとApp Storeの両方でキーワードを見てみると、ゾンビ、お城、クリスマスやハロウィンといった季節に応じたキーワードなどが見つかります。これらはどれもトレンドであり、機能に関連したキーワードではありません。

ゲーム開発者やマーケターとして、ゲームが提供する最新トレンドを決定し、タイトルと説明文に含めることが必要になります。

たとえば、『Granny Subway Run』はクリスマスのゲームではありません。しかし、クリスマスのテーマと適切なキーワードを追加することで、「クリスマス ゲーム」の検索結果に表示されます。

スクリーンショットのベストプラクティス

ゲームアプリにおける、スクリーンショットは多くのユーザーにとって、ダウンロードするかどうか決める要素なのでとても重要です。スクリーンショットを完璧に使いこなすには、いくつかのポイントを考慮する必要があります。

App StoreとGoogle Play ストアのレイアウトの違い

Google Play ストアのユーザーは、App Storeのユーザーに比べて40%多くアプリをダウンロードします。これは、AndroidユーザーはiOSユーザーよりも、アプリをダウンロードする意思決定が早い傾向にあるということです。

これはレイアウトの違いに理由があります。Google Play ストアのアプリ詳細ページはフィーチャーグラフィックを上部に大きく掲載するのに対し、スクリーンショットは”もっと見る”を押すことで表示されます。

App StoreではAndroidに比べて、スクリーンショットがより大きく表示されているので、iOSユーザーの方がスクリーンショットに触れやすくなっているのです。

このことから、Androidユーザーはスクリーンショットを見る可能性がApp Storeに比べて低いため、フィーチャーグラフィックと、スクリーンショットの最初の2枚をできるだけ説得力のあるものに仕上げなくてはなりません。

ゲームの様子を見せ、主要な機能を記述する

スクリーンショットは見た目をよく見せるだけでなく、ゲームがどのようなものか、どんな機能を搭載しているかを説明するものです。『Cooking Fever』はスクリーンショットをとても効果的に使っています。このゲームではいかに時間をうまく使えるかが試されることを説明し、多くの料理を作るという主要な機能を大きくアピールしています。

ストーリーを伝える

スクリーンショットは適当に並べるのではなく、ストーリーを伝えてみましょう。下の画像は、有名なテレビシリーズである「Game of Thrones」を元にしたゲームの例です。スクリーンショットを見ると、機能を説明するのではなく、ストーリーを伝えようとしているのがわかります。

テレビシリーズを見ている人々には、このスクリーンショットを見ると思わずダウンロードしたくなるでしょう。初めてシリーズに触れる人々にとっても、ゲームをダウンロードして内容を知りたいと思ってもらえます。

かわいく仕上げる

ゲームを作るうえで、人々を引きつけられるように工夫する必要があります。そのため、なるべく魅力的に仕上げてください。また、素晴らしいゲームであれば、より多くのユーザーを獲得できます。こうしたスクリーンショットには魅力的な画像やイラストが含まれています。またゲームにおいては、ストーリーを想像させる要素や、主人公を表示することがよくあります。

この例は『Angry Birds』のスクリーンショットで、大きくグラフィックを表示しながらも、シナリオを想像させるようにしています。

App StoreとGoogle Play ストアのゲームにおけるキーワードの追跡

Google Play ストアとApp Storeのどちらでも、キーワードを追跡する方法はいくつもあります。しかし中には、他のものよりも効率的な手法が存在します。ここでは、効果が確かなキーワード追跡の手法をご紹介します。

競合調査

何よりも重要になるステップが、競合が行っていることを正しく分析することです。最も関連性が高く重要なキーワードを見つけるには、競合アプリのタイトルや説明文を分析しましょう。

実際に試してみましょう。『Ultimate Soccer- Football』といったゲームは、競合に『FIFA』などの大手がいるにも関わらず、検索結果の上位に表示されます。上位3本は編集チームによるおすすめであり、Googleによって手動で追加されたものですが、『Ultimate Soccer』は、戦略的なASOによって上位に表示されています。これは「サッカー ゲーム」というキーワードが、『FIFA』のアプリには入っておらず、『Ultimate Soccer- Football』には入っているからです。

ロングテールキーワード

ここでのポイントは、ちょうどいいバランスを見極めることです。おそらく競合アプリには大手企業のものがありおり、それを追い抜くキーワードを見つけるのは大変でしょう。ですから、キーワードを長くして最も高い順位となるキーワードを見つけましょう。「ゾンビゲーム」や「戦略ゲーム」のようなビッグキーワードには、競合がひしめいていますが、ロングテールキーワードには、より高い順位に入る余地が残されています。

アプリストア向けにゲームをローカライズする

ASOとは、アプリをより見つけやすく、検索しやすくすることです。 ゲームを他の言語にも対応させましょう。中国語や英語など、より広いユーザーに向けて提供することで、インストール数を向上させることができます。

言語を変更する場合には、そのゲームやアプリに反応する、他のユーザーたちと話をすることになります。ですから、ただ翻訳するだけでなく、日常会話のように仕上げるのが大切になります。自動翻訳は注意して使いましょう。また、スクリーンショットを違和感なく翻訳することも大切です。

メタデータを最適化する

タイトルや説明文を直接翻訳してもいいのですが、それだけではコンバージョン率は高まらないでしょう。直訳では、細かいニュアンスが伝えられなかったり、違和感が残ったりするからです。 アプリタイトルのローカライズにおいては、アプリの核となる機能を表現するキーワードを、タイトルタグのはじめに含める必要があります。

  • ユーザーは、類似している機能や関連している機能をどのように探していますか?
  • AppleやGoogleは、どんなキーワードやフレーズを関連性が高いと見なしていますか?
  • 自分のアプリの中の最も重要で、他のアプリにはない機能は何ですか?
  • 検索結果を最も広くカバーする、キーワードやフレーズの組み合わせは何ですか?

おわりに

ゲーム向けのアプリストア最適化は、通常のアプリとそれほど変わりませんが、より細部への注意を払うことが必要とされます。新たなトレンドは毎日登場するため、ツールの力を借りるのも一つの選択肢でしょう。

この記事は、App Radar社のブログ”App Store Optimization for iOS & Google Play Games – How to do ASO“を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on App Radar in English under the permission from the author.


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


【毎月5社 限定】ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら