アプリマーケティング用語集

CPMとは?

 

CPM(Cost Per Mille)とは、表示回数1,000回あたりの単価を指します。広告配信のコストの指標としてよく使用され、「インプレッション単価」ともいわれます。

CPMを把握するメリット

多くの広告キャンペーンではユーザーに広告をクリックしてもらうことを目指しますが、広告を目にしてもらうだけで十分なこともあるでしょう。このような場合は、CPMのほうが重要な指標となります。

CPMの計算方法

CPMは下記の計算式で算出することができます。

 

CPM = Cost  ÷ impression × 1,000

 

例)Facebookに「パターンA」と「パターンB」のアプリインストール広告を出稿し、それぞれ消費コストが50,000円と75,000円、インプレッション数が50,000回と60,000回だった場合、CPMは以下のようになります。

 

広告パターンコストインプレッション数CPM
A50,000円50,000回1,000円
B75,000円60,000回1,250円

 

この場合、「パターンAの広告」は「パターンBの広告」に比べてCPMが低く、広告の表示に関して費用対効果が高いと判断出来ます。