新米アプリ開発者成功体験:iOSのプログラミングを勉強し始めてから最初のアプリをリリースするまで ーpart2ー

 

はじめに

この記事はAppCodaというアプリ開発の学習サービスによるインタビューです。実際にこの学習サービスを利用して開発されたアプリを4つ取り上げて、開発期間やアプリのプロモーション方法について質問をしています。グロースハックジャーナルではアプリごとに全4回の連載で紹介します。今回取り上げるのはShare Travel Expenseというアプリです。

前回のインタビュー記事はこちら

Alessandro Manilii – Share Travel Expense

image04

あなたのアプリについて教えてください。それはあなたが初めて開発したアプリですか?

私の初めてのアプリはShare Travel Expense、STExpまたはSTExp HD for iPadといって団体旅行の費用や土曜日の夜にみんなでお金を割り勘で支払う時に役立つアプリです。単にあなたの支払いを記録するのにも使えます。アプリがその金額、日にち、場所、参加者と支払った人を記録し、旅行に参加した人の間でいくらお金を払い戻したりしたらいいのかを計算してくれるのです。

 

どうしてこのアイデアを思い付いたのですか?アプリを開発するのにどのくらいの時間がかかりましたか?

このアイデアはとても自然に思いつきました。私のフィアンセ、今は妻ですが、と旅行した時に毎回支払い金額と誰が支払ったかの記録を紙やiPadのメモに乱雑な状態で残していました。そして旅行の最後にかかった費用を計算してそれぞれの支払い分を調整していました。これはとてもつまらない作業なのです(とくに、その過程で何かを見落としている時には)。そこで、単純に私の役に立つアプリをつくることを決めたのです。

 

夏休みにはこのアプリのベータバージョンを使いたいと思っていたので、2013年の7月の初めに開発を始めました。iPadの最終版は2013年の11月中旬に、そしてその後にはiPhone版をリリースしました。綺麗で明確なUIにするためにたくさんの時間を使いました。

 

アプリを開発する前にプログラミングの経験はありましたか?どうやってiOSのプログラミングを勉強しましたか?

このアプリを開発する前、私のプログラミングの経験はゼロに近いものでした。大学時代に「太古の」FORTRAN 77 1)1954年にIBMのジョン・バッカスによって考案された、プログラミング史上最初の高水準言語。FORTRAN77は1977年に制定され、1978年に承認された新しい標準のこと。を使った手続き型プログラミングを勉強しました。しかし、それは現代のオブジェクト指向プログラミングとは完全に異なったものでした。アプリを開発するためにCの基礎を勉強し始め、その一方で正確で細かいチュートリアルがたくさん詰まったこのサイト(AppCoda)を見つけました。このサイトはプログラムを学ぶのにとても役立ちます。また、 Paul Hegary教授によって監修されたiOS Stanford courseを参考にしました。これはAppleのiTunes Uにて無料で利用でき、これもまた素晴らしいものになっています。

 

image01

 

アプリのプロモーションのためには何をしましたか?

私はまだアプリのプロモーションをしている最中です。まず、私はAkhware.comというWebサイトと、私とユーザーを結びつけてくれる一種のブログとなるFacebookのページを作りました。次にやることはアプリで利用可能な機能をYouTube上で紹介するためのデモ動画を作成することでした。その動画ではiPhone版のUIとiPad版のUIの違いを見て取ることもできます。最後に、アプリを試しに使ってみたいユーザーのためにバナーが出たり、利用できる機能が制限される無料版をリリースすることにしました。私がもしアプリを買う立場だったら、アプリを試してから購入したいと思うからです。

あなたがAppCodaから学んだ一番重要なことはなんですか?

もちろんAppCodaはアプリを開発するのにとても便利でした。そこに示されているチュートリアルからたくさんのことを学びました。中でも、私が一番好きだったテーマはUITableView2)テーブル形式の見た目を作るためのUIの部品をどう扱うかについてです。私が「開発者としてのキャリア」を歩み始めた頃、TableViewに関して言われていることを全く理解することができませんでした(デリゲートメソッド?セクションの数?cellForRowAtIndex何ちゃら?)。レッスン3とレッスン5はとても役に立ちました。もう一つ、とても役にたったチュートリアルは中級のレッスン3にある「どうやってAddress Book Framworkを使って連絡先情報をインポートするか」です。この機能をアプリに実装したことで、ユーザー体験を非常に向上させることができました。

 

AppCodaのチュートリアルの一番すぐれているところは、とてもわかりやすくて、正確であるということです。他のWebサイトで私が見てきたように、関連のないトピックのものを扱って時間を無駄にすることはありません。

 

たった今iOSのプログラミングを学び始めようとしている人にアドバイスはありますか?

なんだかんだ私もまだプログラミングを学んでいる最中ですから、アドバイスなんて少しもありませんが、iOSのプログラミングを学び始めようとしている人には、この有名な名言を授けましょう。「ハングリーであれ、バカであれ!」好奇心に駆られるままに新しいことを学び続けましょう。作ったアプリにはいつも何か新しいものを取り入れようと努力し、そして、何かアイデアがあるなら、それを何とか実現するまで挑戦し続けるべきです。何か問題が発生したら恥ずかしがらずに尋ねればいいのです。その答えを見つけられる場所はブログ、Webサイト、フォーラム、ソーシャルページ、などオンライン上にたくさんあります。心配、そして絶望する必要はありません。なぜなら、解決できない問題はないのですから!

 

理論的なことに時間をかけすぎるのではなく、常に実際のアプリやコードであなたの知識を試すように心がけてください。練習こそが一番の学び場なのです。

 

新しいアプリを始めるときに、次のAngry Birdになろう、つまり世界的に成功するゲームを作ろうとは考えないでください。代わりに、あなたが使ってみたいもの、どうやって使うか知っているもの、Macの前で何行ものコードをXcodeで書く時間が楽しくなるものを開発してみてください。

あなたの次のプランはなんですか?

実は、2つのプロダクトを開発しようと計画しています。1つは献立を管理出来て、90%の人がそうであるように特に時間がないとき、料理中にやらなくてはいけないことを助けるアプリです。もう1つは面白いアプリになります。これはまだブレインストーミングの段階なので、これ以上は言わないでおきます。前に書いたように、私にとって有用で、プログラミングをするのが楽しくなるようなものを作ろうと思っています。

 

この記事は、AppCoda上の記事 “First Time App Developer Success Stories Part 1: From Zero iOS Programming Experience to Launching Their First Apps“を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on AppCoda in English under the permission from the author.

 

関連記事

新米アプリ開発者成功体験:iOSのプログラミングを勉強し始めてから最初のアプリをリリースするまで ーpart1ー

注釈   [ + ]

1. 1954年にIBMのジョン・バッカスによって考案された、プログラミング史上最初の高水準言語。FORTRAN77は1977年に制定され、1978年に承認された新しい標準のこと。
2. テーブル形式の見た目を作るためのUIの部品