最近では耳目にすることも珍しくない、腐女子(ふじょし)という言葉。
これは、男性同士の恋愛を題材にした漫画や小説、つまり、ボーイズラブ(BL)を好む女性たちの総称のこと。女性たちは普段からどのようにアプリを活用しているのか、どのようにつながっているのか――。周りに腐女子がいなければ、このような話をなかなか聞くことができません。そこで開いたのが腐女子たちを集めた座談会です。

実際に、今回集まっていただいた4名の腐女子の皆さんは、爪先にはおしゃれなネイル、そしてトレンドのメイクとファッションを身に纏い、側から見れば「え?この方達がフジョシってほんと??」と言いたくなるほどイマドキな20代の女性たち。これは街ですれ違ってもわからないかも。

しかし、いざ座談会が始まると「推しメン」話を皮切りに、腐女子だけにしかわからないワードでトークが炸裂。普段の生活では腐女子要素を一ミクロンも出さない彼女たちの生態、推しアプリ、アプリの意外な使い方まで、ざっくばらんに語っていただきました。

座談会出席者のプロフィール


らむお
年齢:29歳
職業:マスコミ
趣味:BL小説の執筆に勤しむこと

やまはな
年齢:28歳
職業:企画
趣味:BL電子書籍の速攻ワンクリック

とむこ
年齢:27歳
職業:イベントコンパニオン
趣味:推しキャラのために別口座を作り、貯金中。

ちね
年齢:26歳
職業:事務
趣味:推しとのカップリング感がある雑貨、コスメ集め

「腐女子」は2種類存在する

それではまず初めに、そもそも「腐女子」とは何たるかを、改めて聞いてみましょう。

らむお:一般的に、腐女子はBL(ボーイズラブの略。男性同士の同性愛を題材にしたアニメ、小説などを指す)好きな女性のことを言いますが、その中でも大きく2つのカテゴリに分かれます。「商業BL」(BLとしてのオリジナル作品)が好きな人と、BLではない作品の二次創作を頭の中で妄想することが好きな人です。

やまはな:私は商業BLが好きで、月に10万円以上使う習性があります(笑)。

らむお:二次創作は、男性2人を恋仲にする「カップリング」に萌えるわけですが、男性の頭文字を取って表現するんです。例えば、「ONE PIECE」のゾロとサンジをカップリングした場合は、「ゾロサン」「サンゾロ」とか。

とむこ:どっちにするかで戦争(議論のこと)になるよね。

ちね:ちなみに、前に名前が来る方が「攻め」(男側)で、後が「受け」(女側)になるという意味です。

初っ端から聞いたことがない専門用語が多く出てきましたが、腐女子の皆さんのトークはここからさらに加熱していきます。

SNSはTwitter一択、Instagram、Facebookは「擬態」用?

BLや推しのことなど、自分が欲しい腐女子情報はどうやって集めているのでしょうか。

とむこ:腐女子の利用頻度が一番高いのは『twitter』だよね。

やまはな:あと『pixiv』。

らむお:『pixiv』、1日100回は見てる。

お気に入り機能が秀逸な『pixiv』のアプリ。腐女子の利用率は高いらしい。

ちね:めっちゃ分かる!推しカップリングの名前で検索する。

とむこ:課金制に変更してから最近気づいたんだけど、『pixiv』の「あなたへのおすすめ」機能が優秀すぎない?上から順に見ているけど、多すぎて追いきれない…(笑)。

らむお:そうそう、グイグイ来る!お前は私の何を知ってるんだ!って感じるくらい。まぁ、全・趣味嗜好を知られてしまっているからこそ、「おすすめ」が洗練されてありがたいわけなんだけど。

とむこ『Instagram』と『Facebook』は基本的に使わない。使っているユーザーの毛色が違いすぎる。

やまはな:『Facebook』は「フェイクブック」って呼んでいて、私は腐女子じゃないんだよってアピールするために、カモフラージュとして利用していますね。『Instagram』のアカウントも、アイコンをわざわざ夜景のキラキラしたやつにしたりとかして、あくまで“イマ風女子”を演じる(笑)。

左がInstagram用、右がTwitter用にアップした写真

ちね:先日、腐女子友達からカワイイボトルの梅酒をもらったのね。それが実は、推しメンカラーの梅酒で。元は同じ写真だけど、『Twitter』にはぬい(ぬいぐるみのこと)と一緒に「推しメンカラーの梅酒もらった!」って投稿して、『Instagram』には「友達から可愛い色の梅酒もらいました♪♪」って投稿した。

とむこ:あるある。使い分けるよね。

ちね:『Instagram』と『Facebook』は、会社の上司とか同僚、腐女子以外の友達向け。

やまはな:そう。だから、本当の自分を晒け出せるのも、情報収集や発信で利用するのも匿名アカウントの『Twitter』だけ。「表も裏もねぇ、これが本当の俺だ〜!」みたいな。

らむお:会社や周りには自分が腐女子であることを隠しているから、身バレが一番怖い。

とむこ:会社の上司なんか、「Twitterやってます?」って聞くとカンタンに自分のアカウントを教えてくれるから、その場で名前とかアカウントを覚えて、速攻ブロック。

ちね:先行ブロックね。身バレ回避策は必須。

らむお:『Twitter』は、仕事用と腐女子用のアカウントを持っているんだけど、一度、泥酔した時に仕事用のアカウントで自分が書いたBL小説をアップしたことがあって…。すぐに気づいて消したけど、危うく人権を失うところだった…。そういうことがあってから、アカウントごとにアプリも分けて、写真や画像も変えました。

とむこ:なるほど、その手があったか!

腐女子がメルカリやヤフオク!を使わない理由

私たちが普段から使っているSNSを腐女子の方たちは「擬態」で使っているとは、なかなか意外でした。では、グッズ関連の情報を集めたり購入したりするのに、フリマアプリやオークションアプリは使っているのでしょうか。

やまはな:腐女子って、推しメンのぬいが好きだよね。プライベートでは常に持ち歩いている。

ぬいと一緒に撮影し、『Twitter』へアップ。

ちね:そうそう。食事とか景色とか、ぬいと一緒に写真を撮りたがる癖あるよね。

らむお:でも、ぬいぐるみはランダム封入で売っていたりするから、目当てが入っていない場合がある。そういうときは、手持ちのぬいぐるみと目当ての推しメンを交換してくれる人を探すために『Twitter』を使うかな。

とむこ:『メルカリ』とか『ヤフオク!』は相手の推しジャンルや性癖が分からないから、安心して取引きすることができない。もちろん出品もしない。

ちね:転売目的なのかな…とか、なんか、勘ぐるよね。

とむこ:取引きをする人はツイートを見て決めるかな。人となりもわかるし。本当に好きなんだなって分かったら取引きする。

やまはな:『Twitter』は自分の人となりも見てもらえるから。

らむお:そして、グッズやチケットの取引きは基本的に手渡し。駅で待ち合わせて「●●さんですか?」って声かける。

やまはな:「また、機会があったらぜひ!」みたいなやりとりするよね(笑)。

デジタルツールやアプリなど、顔を合わせなくても送ることができる手段がこれほど普及しているにもかかわらず、コメントを一つひとつ確認して、最終的には手渡しで渡すという腐女子たち。自分が大切にしているものだからこそ相手も同じであってほしい。その思いが利便性より人となりを優先しているようです。

加工アプリは自撮りだけじゃなくて推しメンにも使う

実際に皆さんのスマホの画面を見せてもらい、メジャーなアプリの意外な使い方や推しアプリについても聞いてみることに。

らむお:以前、『Cam Scanner』っていうスキャナーアプリで、我が家で眠っていた大量のBL同人誌をデータ化したんだけど、写真を撮るだけだからすっごく便利だった。同人誌って増えていくから、こういうアプリは本当に助かる。腐女子のミカタ!

とむこ:前まで自炊(自分で本を電子書籍化すること)には本を裁断しなくちゃいけなかったじゃない。大切なBL本を切るという、堪え難い所行だった。背表紙を切る行為でこの世の終わりみたいな気持ちになっていたけど、それがなくなるのはすごくありがたい。

ちね:あと、(ここにいる)みんながDLしているけど、『Beauty Plus』は使いまくるよね。

画像加工アプリは複数入っていて、用途によって使い分けるのがアタリマエ。

やまはな:一般の人からすると、可愛く盛れて撮れる写真アプリなんだけど。私たちの場合、推しキャラの画像に「推しのここが可愛い!」的な文字入れたり、キラキラが降ってくるような加工をしたりして『Twitter』にアップするよね。

とむこ:布教活動!!

やまはな二次創作する腐女子たちは、自分や友だちを取って加工するだけじゃなくて、自分が書いた推しキャラの絵にアプリで加工を施す、みたいな使い方もしている。

らむお:私は最近、『Spotify』に課金するようになった。イメソン(推しのカップリングのイメージに合う既存の曲)収集が超優秀で。歌詞が出てくるから。むしろイメソンは楽曲より歌詞の方が大事じゃん。

やまはな:分かる!イメソン探すときって、ネットで歌詞検索するところから始まるもんね。

とむこ:私は『Amazon Music』が歌詞表示されるから、よく見てる。キャラソン(キャラクターや声優のイメージソング)もけっこう入っているし、ツボを押さえておる。

やまはな:入ってるよね〜!私、全曲買った!

こうして、話はどんどん“課金”についての話に…。

腐女子は、息をするかのごとく課金をする

彼女たちのスマホにインストールされているのは、推しメンが出ているゲームアプリがメイン。そこで、先ほど話題になった課金のポイントについて掘り下げて聞いてみると…。

とむこ:推しが出ているゲームアプリでガチャがあれば、迷わず課金する。

らむお:逆に、課金のポイントってなんかあるっけ?

やまはな:息をするように課金をするからわからない。

とむこ:ガチャを完全非課金で楽しむ腐女子もいるよね。理性的にソシャゲを楽しむ人

らむお:え!そんな人、世の中にいるの?

全員:いるよっ!(笑)

やまはな:よくも悪くも革命的だったのは、スマホの指紋認証機能

とむこ:分かる!ワンタッチで課金できちゃう、恐るべき腐女子の課金ホイホイ(笑)。

ちね:親指が重なったらもう、課金しちゃうよね。ブルブルッ。はい、9,800円、みたいな。

らむお:翌日来るAppleからの領収書メールに震えますが…。

とむこ:ガチャで5万円課金して推しキャラが出なかったとしても、「そうだよね。たった5万円で買わせてくれるような安い男じゃないもんね……だから好き!」って気持ちを切り替えられる。

ちね:何万円もつぎ込んだ後って一旦冷静にはなるんだけど、「今日のあたしなら引ける」って、やっぱりどこかで理性を失うよね。

やまはな:そうそう、理性とは失うものだ、みたいなところがある。

ちね:失うための理性、みたいな。

とむこ:前提がおかしい(笑)。でも「今日一日頑張って働いたら、推しのためのお給金になる」って思うじゃん。やっぱオタクとか腐女子はそもそもの前提がおかしいよね。

らむお:コスメとかの値段見ても「これ、ガチャ何回分だろう」とかすぐに計算している自分がいる。

やまはな:9,800円のスカートを買うのは迷うけど、9,800円のガチャは即ブル。 ガチャ以外で課金した有能アプリは、『囚われのパルマ』だったかな。スマホの画面越しにコミュニケーションを取るっていう恋愛アプリなんだけど、「おでこをつけて」とか指示があるの。

ちね:指じゃ反応しないんだ?

やまはな:しないしない!指でも反応しなくて、おでこをつけたら本当に反応した!このリアル感がハマる。だから課金する。

とむこ:すごい!面積で認識しているのかな…。このアプリ、腐女子間で話題になったよね。

噂の『シチュカレ』。乙女アプリで時には夢女子になる

らむお:私はちょっと前まで『シチュカレ』にハマってた。著名な声優さんがあたかも自分の彼氏のように演じてくれて、添い寝とかとかしてくれる。

とむこ:ダミヘ(ダミーヘッドマイク…頭部の形をした立体音響のマイク。声優の話す位置や声量など、臨場感のある収録ができる)で声が録音されているから、イヤホンで聴いていても息遣いとかすっごいリアルで。隣にいる感が半端ない。

やまはな:リアルすぎるよね。恥ずかしすぎて離れようとするんだけど、イヤホンで聴いているからどこまでもついてくる…(笑)。その時はカップリングとか腐女子を忘れて、完全に女の子として楽しみます(笑)。

ちね:安心した、みんな同じことやってるんだ(笑)。その時は腐女子じゃなくて夢女子(推しメンと自分の恋愛を妄想する女性)だよね。

腐女子が渇望するアプリとは

推しや自分たちの欲望を満たすためなら課金を厭わない腐女子たち。最後に、彼女たちが腐女子だからこそ欲しいと思っているアプリとは?

らむお:イメソン収集のために、歌詞検索ができるアプリが欲しいかも。

やまはな:イメソンを見つけても著作権の関係で歌詞が転載できないんですよ。それに、スクショをとって『Twitter』にアップするのもダメ。だからイメソンの歌詞が、著作権をクリアした画像になるようなアプリが欲しい。それだと腐女子間で歌詞を共有しやすいよね。

とむこ:それ、私も欲しい!

やまはな:その画像の中に、タイトルも歌手名も掲載されていればなお良し。『Twitter』で書いちゃうと検索で見つかっちゃうから、わざわざ全部ひらがなにしたり、スラッシュ入れたりしてるけど、やっぱり手間がかかるので…。

とむこ:迷惑はかけないようにしつつも楽しみたいもんね。

ちね:あと、スクショ事情はなんとかしてほしい。

らむお:同意。ガチャで目当ての推しメンが出たら、絶対スクショ撮りまくるじゃん。でもスマホの画像フォルダのスクリーンショットにまとめられちゃうから、普通のスクショと一緒にゴチャ混ぜになっちゃう。だからスクショをフリックとかでフォルダ分けできるアプリがあったらいいな〜。

やまはな:会社の飲み会とかで個人のスマホ内に入っている画像を誰かに見せる時って、勝手にスワイプされないか心配じゃない? 見せたい写真の次の画像がBL画像とかだと…万が一スワイプされたらと思うと凍りつく。

ちね:そうそう! iPhoneで危険なのが、写真を見る時に下に複数のサムネイルが出る仕様。わざわざ全画面表示にしないとサムネイルが消えない。

やまはな:戦歴がサムネイルで丸見え。

とむこ:とはいえ、あんまり隠すと怪しまれるし。他人が勝手にスワイプできない(スワイプさせない)、優秀なロック機能があればいいんだけど。

らむお:腐女子は自分が本当は腐女子ってことをカンペキに隠して生活しているし、もし自分の趣味や性的嗜好がバレようものなら社会的な立場がなくなると思っているので、プライバシーをカンペキに守ってくれるアプリがほしい!!


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


【毎月5社 限定】ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら