この記事は2017年11月にQualtricsが行った調査に基づいて作成されたものです。この調査ではアメリカに住む1000人のスマートフォンユーザーからの回答を収集しました。男女比は5:5、年齢の比率もほぼ均等です。

今回実施した調査からは、アメリカのスマートフォンユーザーの24%がAmazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーを所有していることがわかりました。2018年2月9日にはAppleがアメリカとイギリス、オーストラリアの3カ国でHomePodを発売してスマートスピーカー市場へ参入するなど、大手企業が次々とスマートスピーカーをリリースしています。そのため、消費者は自分の好きなブランドからスマートスピーカーを選んで購入できるようになってきました。

とはいえ、スマートスピーカーは音声アシスタント機能の実現という、革命の1要素にしかすぎません。AppleのSiriやMicrosoftのCortanaをはじめとしたパーソナル音声アシスタント、音楽を聴いて識別するSoundHoundなど、スマートスピーカーの根幹にある技術は幅広く活用することができるのです。

スマートスピーカーの増加に伴い、マーケターはエンゲージメント向上のチャネルとしてどのように活用すべきかを考えなくてはなりません。また、モバイルアプリの開発者はアプリがスマートスピーカーに統合することで既存のキャンペーンに与える影響を考えるべきでしょう。

スマートスピーカーは音楽鑑賞と情報収集に使われる

以下の調査結果から、ニュースアプリと音楽アプリは他のアプリと比べてスマートスピーカーへの統合を早急に検討すべきだということがわかりました。 反対に、チケット予約アプリや出前・テイクアウトアプリは早々の統合は検討しなくても良いかもしれません。

調査設問:家庭での以下の行動においてどの程度スマートフォンからスマートスピーカーに置き換えましたか?

全ての設問において、「少し置き換えた」という回答が一定数ありました。 まずは、スマートスピーカーへ統合させることで他のエンゲージメントチャネルにどのような影響を与えるかを検討することが最優先事項だと言えるでしょう。

スマートスピーカーへの統合はモバイルアプリビジネスにプラスになるか

モバイルアプリを持つ企業は、ユーザーが家にいる時にプッシュ通知の送信やニュースの更新、プロモーションなど、自分たちでエンゲージメント向上のきっかけを作ることができます。ところが、スマートスピーカーはユーザーに反応することしかできない上、UXに視覚的な要素がありません。主なモバイルアプリは耳ではなく目から様々な情報を受け取る設計のため、アプリの収益をメインにしている企業にとってスマートスピーカーへの統合は容易とは言えないのです。

販売促進のためにモバイルアプリを利用している小売店を例えに出して考えてみましょう。Webサイトやアプリでは画像やレコメンド機能など視覚で商品を売り込みますが、スマートスピーカーでは音声で売り込むことになります。 ユーザーがスマートスピーカーに向かって「〇〇をカートに入れて」と言うと、商品がカートに追加されました。多くのECサイトには、ユーザーの行動履歴を元に興味関心を誘う商品を進めるレコメンド機能が搭載されているため、関連する情報からユーザーの回遊を促します。しかしスマートスピーカーの場合、「〇〇を購入した人は、××もよく購入しています。××についてもっと知りたいですか?」と音声で返答することになるのです。

次に、コンテンツを配信するニュースアプリの場合。 ニュースアプリは記事内に広告が入っていますが、スマートスピーカーに統合する場合、バナーや動画など視覚を利用した広告のかわりに、UXを維持しながら聴覚に訴える広告を入れなくてはなりません。アプリと同様の収益を得る必要があるでしょう。

視覚でのアプローチより音声でのアプローチの方が効果的かどうかは、実際に試してみないとわかりません。 しかし、結果的には49%もの人々が、2~10回はスマートスピーカーからオンラインショッピングで買い物をしたと回答しているため、前向きに検討すべきだといえるでしょう。

調査設問:スマートスピーカーを使って、商品の購入やカートへの追加を行ったことは何回ありますか?

スマートスピーカーを所有者は現在25%程度ですが、アメリカでは2022年までに55%まで増加すると予測されています。 エンゲージメントを高めるためにも、モバイルアプリを持つ企業は業界に関係なくスマートスピーカーへの統合を検討し始めるべきかもしれません。

今回の調査から言えることは、スマートスピーカーは比較的、新しい技術ではあるものの、情報収集や商品を購入など人々の生活スタイルにすでに影響を与え始めているということです。 モバイルマーケターの方は、スマートスピーカーがユーザーエンゲージメントをどのように変化させていけるか、考えてみてはいかがでしょうか。

この記事は、Localytics社のブログ”How Smart Home Devices Are Impacting Mobile App Engagement“を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on Localytics in English under the permission from the author.


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


【毎月5社 限定】ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら