たとえあなたのアプリがアップロードされているプラットフォームがAppleのApp Storeであろうと、GoogleのPlay Storeであろうと、プロモーション動画はアプリを紹介する上で最も基本的な方法です。もちろん、これを使わない手はありません。

アプリのプロモーション動画を使うべき最大の理由

ここでは、あなたがアプリをプロモーションする上で十分なクオリティの動画を制作したことを前提に、プロモーション動画がアプリ宣伝においてどれほど効果的であるかを紹介していきます。

アプリの概要を伝えられる

ユーザーにあなたのアプリを知ってもらうために、プロモーション動画は非常に役立ちます。見込みユーザーは、アプリに関する膨大な説明文を読むことなく、アプリについて理解することができます。さらに、スクリーンショットだけでは説明できないことも、短い動画なら簡単にアプリの使い勝手を伝えることができます。

また、アプリの紹介ページに動画を載せることができます。ユーザーにアプリをダウンロードしてもらうために、動画を使ってユーザーを引きつけるようにしましょう。

Image Source: http://blog.usabilla.com/16-inspiring-app-landing-pages-and-8-reasons-why-they-are-effective/

他のアプリより優位に立てる

同じようなアプリであっても、プロモーション動画があるアプリとないアプリでは、ユーザーはどちらを選ぶでしょうか。プロモーション動画はユーザーに対してよりおもしろくアプリを紹介することができるため、他の競合相手よりも優位に立つことができます。

優れた伝達手段になる

プロモーション動画がアプリを宣伝する上でいかに効果的であるかは、さまざまな記事で書かれており、それを証明する統計やデータも数多く存在しています。考えてみれば、プロモーション動画はたった数回タップするだけで、ユーザーの目の前にまったくの別世界を見させてくれます。さらに、プロモーション動画はミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭に生まれた若者の世代)などの特定のカテゴリーに属するユーザーに、アプリを知ってもらうための架け橋となります。

Image Source: https://www.linkedin.com/pulse/leveraging-app-promotion-videos-george-nader

画像の訳:事実1 動画は製品やサービスに対しての理解力を74%あげることができる 事実2 Youtubeは動画サービスであり、世界第2位の検索エンジンです

使い方をユーザーに伝える

使い方が複雑なアプリにとって、プレビュー動画はユーザーに対してあなたのアプリがどんな方法で何を手助けしてくれるのかを説明するという点で、必須の存在です。ゲームアプリではキャラクターや難易度を伝えるために役立ちます。そして、短いチュートリアルはユーザーにアプリの使い方を教えるだけでなく、使って欲しい機能を明確に伝え、ユーザーがアプリを使いこなせるようになります。こうすることで、ユーザーにアプリを完全に理解してもらうのです。

簡単にシェアすることができる

おもしろく、相手を引きつけるようなプロモーション動画を作れば、それを見た人が知人全員にその動画を共有することを止められるものは、誰もいないでしょう。もしも友人からの勧めであれば、そのアプリについて特に知らなくてもその動画を見て、そのままアプリを使ってくれるかもしれません。この方法であなたのプロモーション動画は有名になり、あなたが考えうるどんな広告よりも広い範囲の聴衆の目に届くでしょう。あなたのアプリが必要であると気づいた新しいユーザーを、引き込む準備をしてください。

YouTubeなどのさまざまなウェブサイトで活用できる

上で述べてきたようなトピックに興味がある人にとって、YouTubeは常に定番の場です。YouTube広告からインフルエンサー、そして自分の動画チャンネル立ち上げなどさまざまな方法があります。これらすべての方法が、あなたのアプリの知名度を上げるチャンスを飛躍的に伸ばすことができるでしょう。YouTube以外にも、Vimeoなどの他の動画投稿サイトでも同じ効果が期待できます。さらに、ソーシャルメディアへの動画投稿も役立つでしょう。現在、Snapchatの新しい機能であるSnap Publisherは横方向の動画を縦方向に変換することができます。プロモーション動画をネット上でシェアするということに関しては、これ以外にもさまざまな方法が存在します。

Image Source: https://snappublisher.snapchat.com/welcome

ブランド・アイデンティティーを広められる

プロモーション動画を作る上でやるべきことの1つは、ユーザーにブランドの特徴を覚えてもらうために、ロゴやアプリのアイコンを動画内に入れることです。あなたのアプリの評判は広まり、ユーザーが一旦アプリの使用をやめた後でも、いつでもアプリが必要となるたびに再び使用してくれるようになります。プレゼンテーション方式の動画を作れば、アプリに関するさまざまな話を紹介することもできます。素晴らしいアプリを作っても、それをユーザーに知ってもらわなければ意味がありません。

代表的な例

ここで紹介したことを証明するためにも、プロモーション動画を使って機能を的確に紹介しているアプリを見ていきます。

Monument Valley

Monument Valleyは、その美麗なグラフィックを生かして独特な世界を作り上げた素晴らしいゲームです。この世界観を文字と画像だけで説明することは、不可能でしょう。プロモーション動画は、ゲームの雰囲気をユーザーに知ってもらうために必須です。

Mint

あなたの家計を、簡単に管理することができる家計簿アプリのMintをご存知でしょうか。Mintの主な機能を的確に説明し、このアプリを使わなければならない理由をプロモーション動画以上に説明できる方法はあるでしょうか。このアプリを使えば、楽しみながら家計を管理することができます。

まとめ

アプリのプロモーション動画に関する疑問を解決し、それをユーザー獲得のためにどのように活用すれば良いかが、わかっていただけたと思います。ここで紹介したもの以外の方法も、どうぞ自由に提案してください。

この記事は、App Samurai社のブログ”7 Reasons Why Developers Should Use App Promo Videos“を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on App Samurai in English under the permission from the author.


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


【毎月5社 限定】ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら