2017年1月時点でApp Storeにおけるアプリの登録件数は200万件以上、Google Play Storeでは250万件以上にのぼります。驚くほど多くアプリがストアに登録されており、その数は日々増え続けています。このような状況から競争は激化しており、いずれユーザーがアプリをダウンロードしてくれるだろうと、魔法のような出来事を期待して漫然と過ごしていてはいけません。そのためアプリのリリース時には前もってユーザー獲得戦略を確立しておくこと、そしてアプリ以外のあらゆる商品を売り出す時と同じように、従来通りのプロモーションをアプリにも適用することを強くお勧めします。

まだ戦略を立てていないという場合にも、心配する必要はありません。今回はモバイルアプリのマーケティング競争に長く携わってきた経験と、アプリのプロモーション施策に関する豊富な知識に基づき厳選した、アプリのプロモーションに最も効果的な8つの方法を紹介します。

1) webサイト

まず、アプリが真っ当なものであることを示すために、インターネット上にアプリを紹介するページを用意しておく必要があります。ユーザーはアプリが正当なものであること、そしてビジネスとしてきちんと投資を受けた商品であることを確認しておきたいものです。

企業のブランドアプリの場合は、webサイトの全面を使って、目立つようにアプリの紹介をしましょう。フッター部分にアプリの紹介を付け足す、あるいは小さなロゴを置くだけでは意味がありません。ブランドアプリを上手く紹介したwebサイトがあります。SweetGreenのサイトを確認してみてください。

2) ソーシャルメディア

アプリのプロモーションにはソーシャルメディアが欠かせません。ソーシャルメディアを通して多くの人にアプリを知ってもらうためには、有料広告を出す方法とオーガニック検索から広告を見てもらう方法の2つがあります。

オーガニック検索

FacebookのページやTwitterのアカウント、Instagramのプロフィールなどのソーシャルメディアでアプリを紹介するシンプルなページを用意しておけば、オーガニック検索経由で訪れた人々にプロモーションができます。まずは、アカウントを作成し、ターゲットとするオーディエンスや業界関係者をフォローしてみましょう。プロモーションに力を入れすぎるあまり、大量のメッセージをばら撒かないよう気を付けましょう。オーディエンスが関心のありそうな話題を選んで投稿、会話に参加するなど有効な手段を考えなければなりません。例えばGrubHubのInstagramには、色鮮やかで美味しそうな食べ物の写真が満載です。これならグルメなオーディエンスが喜ぶこと間違いなしです。

有料広告

Kenshooが2016年に発表した調査報告によると、モバイルアプリ広告のクリック率 (CTR) が前年比で32% 増加しました。対してクリック単価 (CPC) は33% 減少しています。アプリのプロモーションに少額を投資すれば、アプリを見つけてもらえる可能性が高まり、ユーザーが急増します。FacebookとInstagramは幅広いオーディエンスが利用している上に、オーディエンスをセグメントに分類して管理する機能を持つため、モバイルアプリのプロモーションには非常に効果的な広告プラットフォームとなります。さらにFacebookがInstagramを買収して以降は、アプリのインストール広告を両方で、とても簡単に設置できるようになりました。

3) 広報活動

どのような広報活動でも、実施すれば何らかの効果はあります。アプリを話題にするためには、メディアやインフルエンサーが大きな役割を果たします。さらにインフルエンサーに取り上げてもらうことで、アプリの信頼性を得ることもできます。広報活動の方法は様々ありますが、今回はほんの数例を紹介します。

  • プレスリリースを発表する。
  • アプリのローンチパーティーを開き、地元メディアやテクノロジー業界の関係者を招待する。
  • 地元新聞紙やテクノロジー系ブロガーとのインタビューの場を設ける。
  • 有名ブログに寄稿する (ゲストブロギング)。

4) アプリストアの最適化 (ASO)

アプリストアの最適化 (ASO) とは、モバイルアプリ業界における検索エンジン最適化 (SEO) を指します。供給過多となっているアプリマーケットでアプリを見つけてもらうためには、ASOが欠かせません。成果が得られるASO戦略を構築するには、何を検討すべきでしょうか?まずは以下の事項を検討しましょう。

  • アプリのタイトル:タイトルはユニークですか?
  • キーワード:アプリに関連するワードをキーワードにしていますか?ただしあまりに多くのワードを詰め込んではいけません。
  • アプリの説明文:アプリの価値をわかりやすく表現できていますか?アプリやリリースノートのアップデートにあわせて、説明文も頻繁に更新していますか?
  • スクリーンショット・動画:アプリの魅力が詰まったスクリーンショットを2~3個用意しましたか?また動画チュートリアルでアプリの要点を紹介していますか?
  • レーティング:好意的な意見が届いていますか?

詳しくは「2017年最新版!iOS、Andoriodアプリ向け ASOのコツとチェックリスト」を参考にしてください。

5) Search Ads

これはとても簡単に実践できるプロモーション法です。iOS 10のアップデートでAppleがSearch Adsというサービスを開始しました。Search Adsは基本的にはApp Store内で使える有料広告です。アプリに関連するキーワードに入札すると、該当する単語がApp Storeで検索ワードとして使用された時にアプリを検索結果の最初に表示してくれるというのが基本的な機能です。

Search Adsは開始されたばかりのサービスですが、導入初期にAdWeekが行った調査で早くもその驚くべき効果が証明されています。調査によると、Search Adsで表示された広告をクリックした顧客の50% がアプリをダウンロードしていたのです。

詳しくは「App Storeの検索広告「Search Ads」について徹底解説!」を参考にしてください。

Google Play ストアにも検索広告があります。詳しくは「Google Play ストア内検索広告について徹底解説!」を参考にしてください。

6) インフルエンサー、セレブからの支持

キム・カーダシアンから学ぶべきことが (到底あるとは思えないでしょうが) あるとしたら、セレブによる宣伝効果の大きさです。大物セレブが相手だとしても、大金を支払うことなくプロモーションをしてもらえる可能性もありますが、もう少し身近なところにも様々な機会があります。

テクノロジー業界を始め、アプリが関連する業界に、協力をお願いできる知人はいませんか?あるいは特定の地域や業界で有名なインフルエンサーで、接触を図れる人はいないでしょうか?そのような影響力を持つ人々に働きかけ、彼らのソーシャルチャネルを通してアプリをプロモーションしてもらいましょう。特にブログは、ユーザーの関心を確実にアプリへ向けることができる手段です。

インフルエンサーは、アプリがターゲットとするオーディエンスに適した人物を選ぶことをお勧めします。そうでなければ明らかなチャーンまで新規ユーザーとして獲得してしまい、無駄な出費に繋がる恐れがあります。

7) 従来通りの広告・インストア広告

アプリに対してもその他の商品と同様に、従来通りのプロモーションを行いましょう。その方法としては、テレビやインターネットのストリーミングコンテンツでアプリの広告を配信するといった施策も含まれます。

実際に店舗を構えて商品を販売している場合、店内でアプリを宣伝することが非常に重要となります。店舗でもプロモーションを実施し、ユーザーにアプリのダウンロードを呼びかけましょう。最近ではShake Shackがアプリをダウンロードした顧客にバーガーを無料で提供するというプロモーションを行いました。この施策は大きな成功をおさめ、全国的に話題となりました。

8) 口コミ・バズマーケティング

大事なことを忘れていませんか?大前提として、アプリが使えないものであってはいけません。これはとても大事な点です。いつの時代にも口コミの影響力は絶大です。アプリを開発するのなら、上質なアプリを作りましょう。アプリマーケットの競争が激化する中、世界中の人気アプリにユーザーが次々と奪われています。そのためアプリのユーザー獲得に向けた投資を開始する前に、モバイルマーケティングプラットフォームに投資をする必要があります。プラットフォームではエンゲージメントの獲得、そして既存ユーザーの維持に必要な知見を得ることができます。このような用意がないと、チャーン率が高まるリスクがあります。

映画『フィールド・オブ・ドリームス』に「それを作れば、彼らはやって来るだろう」という名言がありますが、アプリの世界でそれは通用しません。ユーザーはアプリに対し、高度にパーソナライズされたエクスペリエンスを求めています。ユーザーの離脱を防ぎ、顧客生涯価値を高めるためには、アプリのマーケティング施策を強化することが最善の方法です。

さいごに

アプリのプロモーションには無限の可能性があります。他の商品のリリース時にもしてきたように、アプリにも従来通りのプロモーションをしっかり行い、十分な時間をかけて堅牢なユーザー獲得戦略を練りましょう。またアプリユーザーの人数を増やすこと以上に、価値の高い顧客を獲得することが重要であることも忘れないでください。ターゲットオーディエンスを把握し、彼らに合わせた広告を作るよう心がけましょう。

この記事は、Localytics社のブログ”8 Ways to Promote Your App“を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on Localytics in English under the permission from the author.


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


【毎月5社 限定】ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら