もしあなたがF2P(基本無料)ゲームをマネタイズしているなら、おそらく広告サービスを利用していることでしょう。正しく使えば劇的に利益を増やすことができますが、もし正しく使えていなければ、エンゲージメントやリテンションは次第に減少してしまいます。正しく使うというのは案外難しかったりします。ということで、あなたはどんな風に広告サービスを効果的に使っていますか?このことについて多くの企業に聞いたので、以下でその秘訣を紹介します。

 

1.広告体験を最適化する

おそらくゲーム広告のマネタイズにおいて最も重要な側面は、ユーザーをイラつかせないように広告体験を最適化するということでしょう。広告はユーザーフローを邪魔するものであってはいけません。誰も手強いボスと戦っているときに広告なんて見たくありませんよね?広告はゲームアプリの中で自然な中断となるようにした方かいいのです。例えば、ステージクリア後に全画面でインタースティシャル広告を表示したり、ゲームの一時中断画面で表示したりできます。

 

 

2.広告稼働率を最適化する

モバイルゲームのマネタイズの可能性を最大化させるための最初のステップは、広告稼働率を最適化させることです。広告稼働率とは、一日において広告を最低1つは配信されているデイリーアクティブユーザーの割合のことです。2015年度収益トップのパブリッシャーのデータを振り返ると、広告稼働率とDAUあたりの平均収益(ARPDAU)との間に強い相関関係があるということがわかりました。

optimize-the-use-rate-inmobi-1024x576

利用率とDAUあたりの平均広告収益の増加を示す2015年度収益トップのパブリッシャーのデータ

 

このデータを考察すると、20%の広告稼働率のアプリが40%に増加すると、DAUあたりの平均広告収益の増加が182%まで見込めます。つまり、広告稼働率が2倍になるとDAUの平均広告収益はほぼ3倍にもなり得るということです。

 

どうしてそんなことが起こるのでしょうか?広告主は少ない人数に何回も広告を表示するよりもより広いユーザーセグメントに対してのユニークビューを増やすことに重きを置いています。その結果より多くのユーザーがアプリ内で広告を見るようになり、よってアプリユーザーが広告を見れば見るほど、その広告表示に対するeCPMは改善し、効果的にマネタイズを向上させてくれます。

 

3.リワード動画広告を活用する

無料ゲームでは、モバイルアプリユーザーの98%がアプリ内課金なしで済ませます。開発者はこの無料ユーザーたちにリワード動画広告を見てもらうことでマネタイズしたいと思っているのです。アプリに組み込むことで、リワード動画広告はIAP1)IAP: In App Purchase アプリ内課金のこととユーザーの継続率を強化し収益を生み出します。

 

実際、私たちの調査によるとリワード動画広告を導入した後、リテンションは増加する傾向にあります。この広告フォーマットは開発者にとってはeCRMでいい効果を得られ、広告主にとっては高いコンバージョン率を得られ、ユーザーにとってはプレミアムコンテンツを得られるので三者がwin-win-winになるメリットを享受できます。

 

4.複数のネットワークとメディアを使いこなす

広告収益を最大化させる一番いい方法は複数のネットワークを使いこなすことです。なぜなら、1つのアドネットワークが全てのユーザーに対して必ずしも適切な広告を持っているわけではないからです。広告フォーマットによってeCPM2)eCRM:課金形態の違いによらずに、インプレッションに対してどれだけコストがかかるのかを測るために使用する指標をトラックし、最も高いeCPMとともにアドネットワークに広告リクエストを送ります。もしそのアドネットワークがユーザーに合う広告を持っていなければ、他のアドネットワークに広告リクエストを送ります。

 

 

5.広告をゲームプレイの中に自然に盛り込む

たとえ相当数のプレーヤーにゲーム内で広告を見せることができているとしても、配置や統合の仕方が悪いと見やすさやエンゲージメントを低下させてしまいます。

 

マネタイズに成功している上位のパブリッシャーは以下のような広告表示をしています:

  • アプリのメイン画面内にある目立つ場所(メニューや折り返し部分には埋め込まない)に表示する。
  • アプリのユーザー体験の中に自然に統合する。(カスタムアートやアニメーションを活用し、ゲームの物語に合わせる)
  • アプリ環境に配慮する。(環境に基づいたフィードにはネイティブ動画広告、RPGゲームの途中のエピソードが入る場面でインタースティシャル動画広告など)

 

6.課金していないユーザーに広告表示する

どのユーザーがアプリ課金をしていて、どのユーザーがしていないのか理解するためにアナリティクスツールを使いましょう。課金なしユーザーにフォーカスすることで、アプリ内課金の収益と広告収益の両方を最大化することができます。

 

7.マネタイズしているユーザーについて知る

あなたにとってユーザーは最も価値のある資産です。なので、広告を表示しているユーザーについてもよく知る必要があります。課金ユーザーと同様に、誰がロイヤルユーザーで高いLTVを誇るユーザーなのか特定し、彼らに対し1日に数回以上の広告を表示しないようにしましょう。反対に、課金なしでLTVも低いユーザーに対しては1日あたりより多くの広告を表示してください。プレイヤーのプロフィールに基づいて広告表示回数の上限を設ける設定は単に収益化だけでなく、ロイヤリティの高いユーザーの維持にもつながります。

 

8.直接的な影響のある複数のポジティブリワードを作る

ユーザー側にもメリットがあるリワード動画広告を通じてマネタイズに最も成功しているアプリ事業者が提供しているリワードには以下のような特徴があります。

 

・ユニークさ:リワードは他の手段で獲得できるものであってはいけません

・即効性:ユーザーがいますぐリワードを要求するように動機づける必要があります

・見やすさ:リワードは簡単に見つけられるようにし、理想的にはクリエイティブなビジュアル効果があった方がいいです。

 

様々な魅力的なリワードを与えることで、エンゲージメントの向上と広告消費を促進させることができます。例えば、アプリ内通貨とアプリ内で使えるリワードをミックスして与えているアプリは通貨のみ与えているアプリに比べてDAUの平均広告収益が145%も高いのです。

ad-arpdau-adcolony-chart-1024x576

 

9.見えるように広告を表示する

スマートフォンの縦画面では350×50のバナー広告がうまく機能します。タブレットの横画面のアプリではもっと大きい広告があいます。

 

10.一つに詰め込み過ぎない

アプリが海外のユーザーにも使われるようになると、様々な地域、デバイス、OSなどに対応しなければならなくなるでしょう。アドネットワークの成果はこれらのパラメータによって変わるので、アドネットワークは複数実装するべきです。メディエーション機能を実装してeCPMsを改善しましょう。これらの言葉について知らなければ調べてください。

 

この記事は、DeltaDNAのブログ “AD SERVING IN GAMES: 10 EXPERT TIPS FOR MONETIZATION” を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。 Repro published the Japanese translation of this original article on DeltaDNA in English under the permission from the author.

注釈   [ + ]

1. IAP: In App Purchase アプリ内課金のこと
2. eCRM:課金形態の違いによらずに、インプレッションに対してどれだけコストがかかるのかを測るために使用する指標