この記事は、OXEssaysでコンテンツマネージャーを、Resumentionという経歴書ライティングサービスでエディターを務めるMary Walton氏がSplitMetrics社に寄稿した”App Store Description: How to Increase its Efficiency“を了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on SplitMetrics in English under the permission from the author.

アプリのマーケターは、App Store用に効果的な説明文を書かなくてはなりません。説明文はストアのガイドラインに沿っているだけでなく、潜在的なユーザーを引きつけ、アプリの機能をうまく反映し、キーワードを含み、ダウンロードを促進するものが要求されます。

良い説明文は、潜在的なユーザーにアプリの機能、使い方、ダウンロードする理由を正確に紹介するものです。今回は完璧な説明文の書き方とアプリのダウンロードを促す方法について紹介してます。

App Storeの説明文のガイドライン

全ての説明文は次のガイドラインに沿ったものでなければなりません。

  • ”さらに見る”を押す前に表示されるのは、説明文の最初の3行だけです。
  • 説明文は最大4000文字です。
  • キーワードを羅列しただけの説明文を承認されません。そのため、キーワードは本文中に自然に入れなくてはなりません。
  • 誤字はすべて取り除いてください。
  • 段落は短く、読みやすくまとめてください。4行未満にするのが好ましいでしょう。
  • アプリの機能や評判に、虚偽の情報を掲載してはいけません。

説明文のポイント1:潜在的なユーザーと同じ視点に立つ

アプリの開発者としては、いろいろと思うところがあるでしょう。ユーザーにアプリの機能をすべて紹介したいと思うのも、理解できます。しかし残念ながら、それでは優れた説明文にはなりません。機能を並べるだけではなく、潜在的なユーザーにアプリで何を提供できるのか教える必要があります。どんな問題を解決できるのか、日々の生活でどのように役立つのかを紹介しましょう。ユーザーはアプリをダウンロードする理由がほしいのです。なので、その理由を提供するようにしましょう。

説明文のポイント2:中心となる機能を大きく取り上げる

アプリを優れたものにするカギは、問題を解決することです。類似した試みを行うアプリは他にもあるでしょうが、あなたのアプリは他者が行っていないことを提供しなければなりません。これを念頭に、アプリの中心となる機能を紹介してください。

AustralianHelp」のTony Oliver氏は、こうアドバイスしています。「この部分を記述する際には、潜在ユーザーのことを考えてください。彼らの直接の手助けにならない機能は、興味を持ってもらえません。たとえばメッセージアプリでは、特定のソフトウェアを使っていることに関心は持たれません。代わりに会話をフォルダー分けして管理できたり、送信元に応じて着信音を変えられたりといった機能を伝えるのです。」

説明文のポイント3:第一印象が重要

ユーザーがあなたのアプリを見つけ、ページを開く前に説明文の最初の3行が表示されます。この3行がユーザーに興味を抱かせ、アプリをダウンロードし、もっと知りたいと思わせるチャンスなのです。つまりここにはアプリの最も重要な機能や、ダウンロードすべき最大の理由を書くべきです。たとえばメッセージアプリを作っているなら、「このアプリでメッセージを素早く管理・発見しましょう」のように書きましょう。

説明文のポイント4:競合相手を知る

App Storeには類似したアプリを作っている人たちがいるはずです。そうしたアプリの説明文がどうなっているかを調べましょう。どんなユーザーを狙っているのでしょうか?言語は何でしょうか?どんなキーワードを使っているのでしょうか?競合アプリが成功していればいるほど、説明文には貴重なノウハウが詰まっています。そこから学び、自分のアプリでも利用できる戦略がないか検討しましょう。

説明文のポイント5:キーワードを使おう

前述のように、成功する説明文はキーワードを活用しています。検索エンジンと同様、App Storeはユーザーが最も求めている検索結果を提供します。潜在ユーザーが求めているものを探し、それに合うキーワードを使いましょう。(関連記事:「iOS11のアプリストアでランキング上位に入るためのASOのコツ」)

優れたアプリ説明文は、それ自体が作品だといっても過言ではありません。正しく行えば、新規ユーザーを簡単に獲得できます。しかし間違いがあると、誰も興味を持ってくれません。App Storeで説明文を書く際には、ぜひこの記事を参考にしてください。潜在的なユーザーに、あなたのアプリを試したいと思ってもらえるものが作れるでしょう。


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


【毎月5社 限定】ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら