ASO (App Store Optimization: アプリストア最適化)とは何でしょうか?ASO とは、アプリストアの検索順位を上位に表示させるために、モバイルアプリおよびアプリストアの情報を最適化するプロセスのことです。SEO (Search Engine Optimization: 検索エンジン最適化 )と類似していることから、ASOはアプリストアSEO、アプリ検索最適化、モバイルアプリSEOなどとも呼ばれています。

(以下に紹介するASOのコツには、最新のiOS 11向けの内容も含みます。)

1:ASOガイド記事作成の背景

数年前にアプリストアで初めて自分のアプリを公開したとき、そのアプリはとても魅力的で、たくさんダウンロードされると思っていました。

そして私は待ち続けました。しかし、いくら待っても、毎日たった数人のユーザーにダウンロードされるだけでした。

その状態に少しイライラしながら、私はまず広告キャンペーンに取り掛かりました。しかし、広告キャンペーンを介した1インストールあたりの費用はUS$1からUS$5です。そして、アプリストアで上位25位に入るためには、少なくとも1日に40,000インストールが必要です。費用がいくらになるかを考えると、その選択は一瞬で不可能だと判断しました。

そして、詳しくリサーチした結果、自分がすべきASO対策がたくさんあることに気づいたのです。結果として、そのアプリのダウンロード数をひと月で1,478%増加させることに成功しました。

皆さんは「ASOはなにやら役に立ちそうだけれど、どうやってやるのだろう?」と思っているかもしれません。次が、ASOを行うための3つのステップです。

ステップ1: 正しいキーワードを選定する

ステップ2: キーワードを適切な場所に配置する

ステップ3: 訪問者をユーザーにコンバートする

2:ASOのやり方

ステップ1: 正しいキーワードを選定する

アプリストアでの検索結果で上位に表示させるためには、アプリに対して設定したキーワードが重要なポイントになります。よって、ASOとして第一に行うことは、キーワードの選定です。

アプリストアのキーワードの最適化を効果的に行うには、各アプリストアで使用されるアルゴリズムを理解することが重要です。詳しくは「アプリストアの最適化2017:Google Play ストアとApp Store」を参考にしてください。

a) キーワード候補

初めに、少なくとも50個のキーワードを考えます。以下にキーワードを考えるために役に立つツールをいくつか紹介します。これらのツールは、検討すべきキーワード候補をたくさん提案してくれます。すべてがフリーツールです。

  • Übersuggest
  • OneLook Reverse Dictionary
  • Google Keyword Planner
  • Apple Search Ads > Recommended Keywords ( iOSアプリ専用)

また、Google Trendsを利用すれば、あるキーワードが世界でどれほど検索されているかを調べることができます。このツールは、ある特定の国においてアプリを公開したい場合に非常に有効です。

使用するキーワードは、アプリに関連している必要があります。関連していないのに、良く検索されているキーワードだからと言って、使おうとするのはやめましょう。キーワード設定の目的は、ダウンロードしてアプリを利用してくれるユーザーにアプリを見つけてもらうことです。

【ASOのコツ】

・時間依存のキーワード

例えば、2016年のオリンピック開催中にスポーツ系アプリを公開して、「Rio」というキーワードとその他の関連するキーワードを使用した場合は、検索ボリュームが増えます。さらに、アプリストアの特集ページで取り上げられるチャンスも増えます。

・レビューのキーワード

アプリのユーザーレビューに使われている言葉が、アプリストアの検索エンジンによってインデックスを付けられていることをご存知でしょうか?

従って、ユーザーレビューの活用は、キーワードを選定する際にとても良い手法です。レビューはユーザーの考えを表しています。そして、そこで使われる言葉は、ユーザーによるアプリの検索の仕方によく関係しています。レビューに含まれているキーワードを眺めているだけで、今までに考えつかなかったキーワードのアイデアが得られます。

市場にはいくつかのレビュー分析ツールが出回っています。このツールはAI(Artificial Intelligence: 人工知能)を用いてレビューを分析し、ユーザーがアプリについて気に入っている点とそうでない点を知らせてくれます。

b) キーワードの最適化

キーワードの候補が出揃ったら、キーワードを選定するための戦略が必要となります。キーワードを最適化するプロセスを助けるために、キーワードリサーチのツールがいくつかあります。これらのツールにより、キーワードの難易度および検索ボリューム(頻度)を調べられます。最終的にアプリ公開のためには、25個程度のキーワードを選びます。

【ASOのコツ】

・キーワード最適化の戦略

新しく公開するアプリのためには、難易度が低く、中程度の検索ボリュームであるキーワードを選びます。これらのキーワードは、公開直後のダウンロード数の増加を支援します。順調なスタートが切れたら、次は検索ボリュームが大きく、中程度の難易度であるキーワードを使い始めます。これらのキーワードは、ダウンロード数のさらなる増加を助けます。アプリのダウンロード数が増えるにつれて、徐々にキーワードを調整していきます。

・ロングテールキーワード

検索順位を上げるために、複数語を掛け合わせたキーワード(ロングテールキーワード)を使用します。例えば、競争力の高い「Poker」(難易度高)というキーワードを使う場合、検索結果でZynga Pokerよりも上位になることは困難です。しかし、「Poker Casino」というキーワードを使えば、上位になるチャンスが高くなります。なぜなら、「Poker Casino」は競争力が低いためです(難易度低)。

・役に立たないキーワードの使用をやめる

既にキーワードを選定してアプリを公開済みであれば、キーワード検索によるアプリのランキングをチェックしてみてください。アプリを上位10位以内に表示させるキーワードのみ使い続け、残りは次回のリリースタイミングで新しいキーワードに変更します。

ステップ2: キーワードを適切な場所に配置する

キーワードを選定し、最適化したところで、ASOの「ステップ2: キーワードを適切な場所に配置する」に取り掛かる準備ができました。

アプリストアのページには、キーワードを含めて入力すべきメタデータがいくつかあります。

a) アプリ名

アプリには、創造性がありかつ検索されやすい名前を付けます。ユーザーにとって、どのようなアプリなのかが分かる手掛かりになるだけでなく、検索結果に表示されるような名前である必要があります。

MobileDevHQ (現Tune)の調査によると、アプリタイトルの中にキーワードを使用した場合、検索結果の順位が10.3%上昇します。

Google PlayおよびiOS App Store両方の検索アルゴリズムにおいて、ユーザーがキーワード検索を行う際にアプリ名も検索対象とされています。よって、アプリ名にキーワードをいくつか含むのは名案です。両方のプラットフォームにおいて、アプリ名に検索キーワードが含まれている場合には検索結果に表示される優先度が高くなります。

しかし、すべてのキーワードをアプリタイトルに詰め込んでしまうと、スパムのようなアプリに見えてしまいます。キーワード対策とブランディングの良いバランスを見つけることが大切です。

さらに、Google Playストアではアプリ名を最大50文字としている一方で、iOS App StoreではiOS 11より最大30文字としています。限られた文字数を上手く使ってアプリ名をつけましょう。

【ASOのコツ】

・アプリ名のフォーマット

実際のブランドネームは短く魅力的にします。そのうえで、たいていはダッシュ(–)やセミコロン(;)などを付けた後に、数個のキーワードを追加します。以下に実際の例を紹介します。

Google Maps – Navigation & Transit

Amazon App: shop, scan, compare, and read reviews

eBay: Buy, Sell, Save! Electronics, Fashion & More

Pandora – Free Music & Radio

The Weather Channel: Alerts, Forecast & Radar

特にiOS App Storeでは、アプリタイトルにURLに使用可能な文字を使うことも重要です。App Storeでは、アプリのURLを作成するためにアプリ名が使われていることが理由です。アプリ名にトレードマークやコピーライトなどの特殊文字を使わないようにしましょう。これらの特殊文字を使用している場合、iTunesでキーワード検索を行う際に、アプリ名ではなくアプリのID(数字)が検索対象とされてしまいます。

b) サブタイトル(iOS App Storeのみ)

サブタイトルはiOS 11より導入され、AppleのApp Storeでのみ使用されています。

アプリ名の下に表示される部分で、30文字以内である必要があります。

サブタイトルにはアプリの特徴を説明するようなキーワードをいくつか含むことが理想的です。サブタイトルに使用されているキーワードは、App Storeの検索によりインデックスが付けられます。サブタイトルに重要なキーワードを入れて、この貴重なフィールドを十分に活用しましょう。

c) アプリの説明文(Google Playストア)

Android開発者は、Google Playストアのアプリの説明欄に気を配る必要があります。Googleは説明欄に含まれているキーワードを検索対象とするためです。自然で分かりやすい説明文の中に、キーワードを混ぜ込みましょう。

Google Playストアのキーワード検索アルゴリズムでは、トップの説明文(初めの数行)に使われているキーワードが残りの説明文に使われているキーワードよりも重要度が高いことを覚えておいてください。よって、この部分には主要なキーワードを忘れずに使います。

また、Google Playストアの説明欄では、多様なフォーマットと絵文字を使用することが可能です。これらの機能や空白、箇条書きなどを上手く使って、目を引いてかつ読みやすい説明文にしましょう。

d) アプリの説明文(iOS App Store)

iOS App Storeでは、アプリの説明欄に使われているキーワードは検索対象にはなりません。しかしそれは、iOS開発者がここで手を抜いて良いという意味ではありません。

初めの3行にアプリのユニークな特徴を記載し、アプリストアのプレビュー画面を見た人でもその説明を読めるようにします。可能であれば、アプリについての社会的証明、賞、名誉な事柄などを一覧にして記載します。さらに、初めての訪問者のために、機能については常に最新リストを提示し、アプリのソーシャルメディアへのリンクも記載します。

【ASOのコツ】

・簡単な説明

StoreMavenによると、「簡単な説明」の下にある「もっと読む」をクリックするのは、平均して5%のユーザーのみです。

これは、iOS App Storeではさらに低く2%ほどです。

従って、簡単な説明に書かれる文章はとても重要です。

スマートフォン上では、この部分に252文字しか使用できません。

この限られた文字数を空白で無駄にすべきではありません。空行や無駄な文章は削ります。

この欄には、アプリのユニークな特徴やユーザーが気に入るポイントなどを記載します。訪問者にアプリをインストールしてもらうように、CTA(call-to-action)を設置します。

e) プロモーション用テキスト(iOS App Storeのみ)

iOS 11で導入された「プロモーション用テキスト」は、170文字まで使用することができ、説明欄の上部に表示されます。

プロモーション用テキストはApp Storeの検索によってインデックスが付与されませんが、新しいバージョンをリリースすることなしにアップデートすることが可能です。

【ASOのコツ】

・プロモーション用テキストによるA/Bテスト

プロモーション用テキストを使えば、バージョンアップデートする必要なしに、ユーザー向けメッセージのA/Bテストが行えます。最も良いコンバージョン率となるメッセージを見つけたら、その一部をキーワードにも使用しましょう。

f) 検索のためのキーワード(iOS App Storeのみ)

このメタデータによって、アプリの検索のされ方が決まります。ここには選定したキーワードを記入します。以下のルールに従い、文字数を無駄遣いしないようにしましょう。

  • 100文字すべてを使う
  • すべてのキーワードをコンマで区切る
  • スペース、冠詞、前置詞を使用しない
  • 単数形または複数形は、検索上位に入りやすい方を使う
  • 同じキーワードを繰り返さない
  • 数はスペルアウトせずに数字を使う
  • 会社名、アプリ名、アプリのカテゴリー名を含める必要はない

【ASOのコツ】

・キーワード最適化ツール

キーワードメタデータを最適化するために、App Store SEO Graderを利用できます。このツールは上記のルールをキーワードに適用し、改良方法を導き出します。

g) In-App Purchase(アプリ内課金)

iOS App Storeでは、In-App Purchase(IAP)の名前はアプリストアの検索によってインデックスが付けられます。

iOS 11では、IAP専用の表示名、プロモーション画像、説明文が与えられています。IAPは検索結果に表示され、Today、Games、 Appsで特集もされます。アプリの公開ページに最大で20個のIAPを表示することが可能です。

検索結果への表示を最大にするために、IAP名にキーワードをいくつか使用してみましょう。

ステップ3: 訪問者をユーザーへ転換する

キーワードの最適化ができたら、次はアプリストアのページを最適化します。

ASOの第一の目的はアプリのインストール数を増やすことです。この目的に向かって、アプリストアページの訪問者をアプリのユーザーへと転換するために、アプリの詳細ページは十分に説得力があるものでなければなりません。

アプリストアページに関連して、開発者が注意すべきポイントを以下に紹介します。

a) アプリのアイコン

より良いアイコンは、アプリのダウンロードを560%増加させます。

優れたアイコンにするため、シンプルで目を引くデザインを目指します。その小さなスペースに、多くのアイテムや単語を詰め込んではいけません。第一印象でユーザーに覚えてもらえるようなアイコンにします。また、アイコンがApp StoreやGoogle Playでの最小サイズになったときにも見栄えが良いデザインにします。さらに、明るい背景または暗い背景の上に載っても良いデザインであるべきです。

デザインのインスピレーションを得るために、同じカテゴリーの上位のアプリや、AppleまたはGoogleで上位のアプリのアイコンを参考にします。ブランドの混同を避けるために、競争相手となるアプリのアイコンとは違うデザインにしましょう。色のコントラスト、異なる形、フレームの使用などによってユニークに仕上げます。

Branded App Icon: Uber

Functional App Icon: 7 Minute Workout

【ASOのコツ】

・ブランドのついたアイコン vs 機能的なアイコン

機能的なアプリであれば、一つのオブジェクトを使ってアプリを説明するアイコンにします。ブランドをもっているアプリであれば、アイコンにロゴを使用して、そのブランドがユーザーに分かるようにします。

b) スクリーンショット

StoreMavenによると、ユーザーの60%は、最初の2つのスクリーンショットのみを見て、残りのスクリーンショットまでスワイプすることはありません。初めのスクリーンショット2つに良い画像を使用することが、コンバージョン率を25%増加させます。

優れたスクリーンショットを作成するために、どれもアプリについてのメッセージ性があるものを使用します。最初の2つに、ユーザーへのメッセージが最も伝わるものを選びます。スクリーンショットの背景に短い説明書きを追加して、ユーザーにポジティブな印象を与えます。

ログイン画面、登録画面、購入画面、宣伝、「Welcome」画面はスクリーンショットに使用しません。アプリを気に入る理由がユーザーに伝わるようなスクリーンショットを使用します。

スクリーンショットの重要性はわかったけれども、どうやって作成すればいいのかわからない方は「最新版!アプリストア用スクリーンショット作成ガイド」を参考にしてください。

【ASOのコツ】

・縦のスクリーンショット

スクリーンショットは縦長画像を使用します。そうすれば、ユーザーは縦長の画面で、より多くのスクリーンショットを見る可能性が高くなります。

Vertical screenshots of Clash of Clans

・スクリーンショットを最適化する

App Store SEO Graderを使ってスクリーンショットを最適化できます。このツールはスクリーンショットの寸法、総数、縦横、そして数種類のiOSデバイスとの互換性をチェックし、改良点を教えてくれます。

c) プレビュー動画

動画を作成することは難易度が高いかもしれませんが、StoreMavenによれば、プレビュー動画はインストール率を23%以上増やします。ポスターフレーム(iOS)や宣伝用画像(Google Play)も忘れずに使用します。これらの画像は、訪問者が動画を見るかどうかに大きな影響を与えます。

こちらの記事では、より詳しく動画の重要性についてご紹介しています。「アプリストア最適化(ASO)における動画の重要性

【ASOのコツ】

・アプリのマーケティング動画

効果的なアプリのマーケティング動画の重要な要素をいくつか紹介します。自社アプリのビデオやトレーラーでよく知られているApptaminという会社によって推奨されている要素です。

  • 最初の5秒で視聴者の注意を引く
  • すべての機能ではなく、特に優れた機能のみに焦点を当てる
  • 動画の音を出さなくても意味が通る
  • CTA(Call to action)を含める

ユーザーの80%は、12秒までしかプレビュー動画を見ていません。簡潔に、核心をついた動画を作成しましょう。動画をフェードインや、「Welcome」で始めるような作り方は避けます。

d) 評価とレビュー

評価とレビューはアプリのダウンロードに非常に大きな影響を与えます。以下のインフォグラフィックをご覧ください。

【ASOのコツ】

・ユーザーのセンチメント

アプリに対するユーザーのセンチメント分析(SNSなどでユーザーの書き込みから、商品や事象に関する消費者の感情を分析する手法)のために、こちらのツールを活用しましょう。このツールは、ユーザーがアプリのどこが好きでどこが嫌いかを調べるために、ユーザーレビューをAI技術によって分析します。

しかし、どうやって5つ星評価を獲得できるのでしょうか?

ユーザーが積極的にフィードバックしようするタイミングまで、評価を無理に依頼しないようにします。例えば、ユーザーが予約を完了したり、ゲームでミッションをクリアしたりした時に、評価を依頼します。タイミングを見計らって、丁寧にお願いします。

それはどういうことでしょうか?Circa Newsアプリが良い例です。主要なバージョンのすべてでユーザーの90%が5つ星の評価をしています。以下に、Circa Newsがユーザーにフィードバックをお願いする方法のフローチャートを示します。

満足したユーザーに肯定的なレビューを残してもらい、否定的なレビューは「フィードバックを送る」オプションを用いることで、評価にたどり着かないようにしています。

・iOSアプリの開発者へ

iOS 10.3のリリース以降、1年に3回のみユーザーにアプリの評価を依頼することが可能となっています。

この数少ない評価の機会をものにするために、アプリの愛好者を見極めて、適切なタイミングで評価をお願いしなければなりません。

そこで皆さんは「アプリの愛好者をどうやって知ることができるのだろう」と考えるかもしれません。

それは、簡単な調査や対話により可能です。

例えば、10段階評価で、有名な「Net Promoter」の以下の質問をしても結構です。

「あなたは友人や同僚にこのアプリをどの程度勧めたいと思いますか?」

9か10をつけてくれたユーザーがアプリのプロモーター、つまり愛好者です。

そして、それらの人たちは、適当なタイミングでお願いすると、大抵は4つまたは5つ星の評価をくれます。

これを実行するために、独自の評価とフィードバックのフローを作っても良いですし、単にApptentiveのようなツールを使用することもできます。

【ASOのコツ】

・アプリストアレビューへの導き方

肯定的なレビューをアプリストアへ、否定的なレビューをサポートへ誘導します。

加えて、ユーザーからのアプリのレビューやフィードバックに対して忘れずに返信しましょう。真剣なユーザーがわざわざ時間を作ってコメントしてくれるのです。開発者も真剣であることを伝えましょう。開発者がアクティブであることをユーザーに知らせる良い機会でもあります。

Google Playには、開発者用コンソールに「レビューに返信する」オプションがあります。

iOS App Storeでも、2017年3月のiOS 10.3のリリース以降、レビューに返信できるようになっています。

iTunes Connectで、「マイアップ > アプリを選択 > アクティビティ > 評価とレビュー」のように選択します。

そこに表示されるそれぞれのレビューに、「返信」オプションがあります。

【ASOのコツ】

・レビューへの返信の仕方

アプリの主要なリリースの後では、すべてのフィードバックに素早く返信しましょう。すべてのレビューに対して返信できない場合は、星の数が少ないレビューまたは最新バージョンのアプリに対する技術的な問題を報告しているレビューから優先して返信します。

ユーザーが過去に報告した問題を修正するアップデートをリリースするとき、それらのレビューに返信して問題への対処を伝えることも検討します。

ユーザーの質問に答えたり、技術的な問題を解決したりした後には、そのユーザーに評価とレビューを更新してもらうよう依頼することも考えます。

返信の文章に、次回のアップデートに対するフィードバックをお願いする旨を付け加えても結構です。

しかし、すでに悪いレビューをたくさん受け取っている場合はどうすれば良いのでしょうか?

幸運にも、iOS 11以降では、評価をリセットしてやり直すことが可能になっています。

iOS 10以前では、悪いレビューを隠してしまうこちらの方法を使うことができます。さらに、5つ星評価を上手く利用して、アプリに対してポジティブな第一印象を与える方法も紹介しています。

詳しくは「ASOにも有効! iTunes Connect上のユーザーレビューへの返信方法」を参考にしてください。

e) アプリサイズ

アプリサイズは100MB以下であることが理想です。なぜなら、100MB以上では、携帯電話サービス使用時にユーザーがダウンロードできないためです。

例えば、ユーザーがバスもしくは電車に乗っているときには100MB以上のアプリをダウンロードできません。そこで、そのユーザーがアプリ名をメモして数時間後に帰宅したときにダウンロードしようとするとは到底思えません。

証拠が必要ですか?appfiguresの記事によると、上位100位までのアプリのうち98%が、そして有料のiOSおよびAndroidゲームの62%が100MB以下の大きさとなっています。

100MBではアプリにとって十分ではないと思いますか?Clash of ClansのiOSバージョンはたったの85.3MBです。

【ASOのコツ】

・アプリサイズは小さくする

画像を圧縮したり、いくつかのコンテンツはインストール後にダウンロードさせるようにしたりして、アプリサイズを縮小します。

・上位100位以内のアプリと比較する

自分のアプリのサイズを100位以内のアプリと比較する方法を知りたいですか?このASOツールを使います。このツールで、100位以内のアプリのサイズの範囲内に収まるかどうかを調べることができます。

f) アップデートの頻度

統計によれば、良い評価とアプリのアップデート頻度には高い相関関係があります。実際に、定期的にアップデートをリリースすることは利益に繋がります。ユーザーのロイヤリティを向上し、またアプリストアのアップデートリストに表示されることから、ユーザーの印象にも残ります。そしてアップデートは、開発者がアプリに力を注いでいること、きちんとメンテナンスしていることを表すため、AppleやGoogleにも歓迎されます。

どのくらいの頻度でアプリをアップデートすべきでしょうか?以下の表を確認してください。

これらの上位25位のiOSアプリについて、アップデートの間隔は平均して30日です。少なくともひと月に1回、多くても週に1回のアップデートを推奨します。

もちろん、回数を増やすためだけの無意味なアップデートはすべきではありません。アップデートによりバグ修正か機能改善が行われ、常にアプリのどこかが改良されるべきです。

g) アプリのローカライゼーション

アプリのローカライゼーションはアプリをダウンロードしてくれるユーザーの数を増やします。アプリ全体をたくさんの言語にローカライズすることは大変な作業です。

アプリすべての完全なローカライゼーションをする前に、まずはアプリの一覧をローカライズしてみましょう。つまり、アプリ名、キーワード、スクリーンショットなどを翻訳します。

MAKE APP MagazineのDavid Jannerは、ローカライゼーションについて実験しました。彼は、アプリ名、キーワード、説明文の一行目をローカライズしました。そして、この簡略したローカライゼーションの後に、アプリのダウンロードが767%増加したのです。

ローカライゼーション実施前は、アメリカ国内のみでダウンロードされていました。しかし、ローカライゼーション実施後は、以下の図のようになりました。

Image courtesy of MAKE APP Magazine

OneSkyによると、アメリカから得られるアプリの収益はたったの31%となっており、アジアが41%、ヨーロッパが23%です。特に、中国からのダウンロードによる収益は、iOSアプリのダウンロード数および収益においてアメリカを上回っています。

アプリがアメリカの市場に向けた英語バージョンのみである場合は、より多くの収益を得るチャンスを逃していると言えます。

【ASOのコツ】

・アプリのローカライゼーション

まずはアプリの一覧をローカライズして、異なる国々におけるダウンロード数を確認してみましょう。その後で、ダウンロード数が多い国に向けて、アプリ全体のローカライゼーションをすべきかどうか決定します。

・アプリが成功しそうな市場を予測する

このアプリ分析ツールは、LTV (Lifetime User Value: 顧客生涯価値)、ARPU (Average Revenue Per User: ユーザー1人あたりの平均収益)、コンバージョン率に基づいて、成功しそうな市場を予測します。これらの情報を取得し、市場機会を得るために、積極的にアプリをローカライズしましょう。

h) コンバージョン率

アプリのプレビュー動画のインプレッション数、アプリページ訪問者数、アプリのインストール数を監視します。そして、多くの人がアプリをインストールせずに立ち去ってしまうステップはどこかを突き止めます。

例えば、プレビューを見た後にアプリのページに進まなかったユーザーは90%以上か、また、アプリのページを見た後にインストールしなかったユーザーは50%以上か、といったことを調べます。

ユーザーが離れるステップを特定したら、適切な変更を施して、コンバージョン率が改良されるかどうかを確認します。

【ASOのコツ】

・コンバージョン率を評価する

このASOツールを利用して、アプリのコンバージョン率を評価します。アプリのカテゴリーにおけるコンバージョン率の平均値および最高値と比較し、改良方法を見つけます。

i) AppleのSpotlight検索とGoogleのFirebase App Indexing

iOSアプリの開発者に向けて

AppleのSpotlight検索とは、ユーザーがiOSデバイスにインストールされているアプリを検索できる機能です。この機能により、アプリの開発者にとって、より頻繁に既存ユーザーと関わる機会が増えました。

iOSアプリの開発者は、自分のアプリのSpotlight検索を有効にしましょう。これにより、ユーザーエンゲージメントを向上させると同時に、アプリストアでの検索順位を上げることに繋がります。

実際に、iOS App Storeで上位20,000位のアプリの35%が、Spotlight検索を有効にしています。これを実施しない手があるでしょうか?

iOSとAndroidアプリ両方の開発者に向けて

GoogleのFirebase App Indexingとは、ユーザーがアプリのダイナミックコンテンツを検索できる機能で、AndroidとiOSデバイスの両方で使用可能です。

Firebase App Indexingはユーザーエンゲージメントを向上させるだけでなく、顧客獲得の機会も増やします。これは、アプリがインストールされていようとなかろうと、ユーザーによってアプリのコンテンツが検索可能であるためです。

充実した内容のアプリを公開しているならば、これらの機会を活かすために、Firebase App Indexingを有効にすべきです。

3:すべてを上手くまとめる

以下に、Y Media Labsが制作した素晴らしいインフォグラフィックを紹介します。こちらには、ASOについての最も重要なポイントが整理されています。

さらに、iOS App StoreとGoogle PlayでのASOの違いについて知りたければ、以下のまとめをご覧ください。

変更を公開した際には、それぞれのキーワードについて検索し、アプリの順位をチェックしてください。新しいバージョンを公開した後は、キーワード検索の結果が変化します。すべてのキーワードで10位以内に表示されることを目標とします。新しいキーワードでの検索順位がどうしても上がらない場合は、別のキーワードに変更する必要があるかもしれません。

上記で説明した3つのステップを3、4週間ごとに繰り返します。この周期は、アプリストアのキーワードのトレンドが大きく変わるタイミングです。最初に取り組んだいくつかの最適化の結果が悪くてもあきらめてはいけません。アプリのマーケティングには時間を要し、ASOには多様な観察力が必要です。

頑張ってください!

この記事は、Meatti社のブログ“App Store Optimization Tips & Checklist (2017 Guide for iOS 11 & Android Apps)”を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on Meatti in English under the permission from the author.

ASO無料診断サービス実施中

「Growth Hack Jourlnal」を運営しているモバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」では、OS App Store、Google Play では、設定できる情報やアプリの評価基準が、OSのバージョンアップ時など不定期で変化しています。Reproでは常に最新トレンドを調査し、さまざまなアプリのASOを行っています。現在、「ASOの無料診断サービス」を実施中です。

お問合せはこちら

【オプト ✕ Repro】アプリマーケティングセミナー #3 オムニチャネルにおけるアプリ活用!

モバイルアプリの分析・マーケティングツール「Repro」を展開するRepro株式会社と、プロモーションの効果分析からデータ活用まで行うことが可能な独自アプリDMP「SpinApp」を展開する株式会社オプトが第3回目の共催セミナーを開催します!

■ イベント概要

  • 日時: 2017年10月26日 (木曜日) 19:00~22:00 (18:30~ 受付)
  • 場所: 東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル 5F (株式会社オプト 5F 大ホール)
  • 持ち物: 名刺2枚 (受付にて名刺を頂戴致します)
  • 参加費用: 無料

▼詳細・お申込みはこちら

https://repro.connpass.com/event/67888/

アプリは重要なチャネルながら、ウェブとは異なる知識が必要となります。EC・小売アプリなどに携わっている方を対象にアプリだからこそ提供できる価値やマーケティング手法についてお話します。