マッチングアプリはアプリストア内で最も収益性の高いソーシャルアプリとして変貌を遂げました。実際にトップの収益を生み出すマッチングアプリの1つ『Tinder』は月間約35億円の収益をあげているそうです。しかし収益性とともに競争率も上がり、現在のマッチングアプリ市場は成功することが非常に難しくなっています。

『StoreMaven』によれば、マッチングアプリのCVRは平均して13〜18%だそうです。つまり、82〜87%のビジターがアプリストアのプロダクトページを訪れたとしてもDLしていないことがわかります。

飽和状態であるマッチングアプリ業界で勝ち残るためには、自社アプリのクオリティを上げつつ、ほかのマッチングアプリとの差別化を図る必要があります。そのためには、クリエイティブチームと連携して、ASOでターゲットユーザーを惹きつけなくてはなりません。『Storemaven』のデータによると、クリエイティブを最適化することで、オーガニックトラフィックとペイドトラフィックの両方でCVRを最大40%向上させることがわかっています。

今回は、アプリストアを利用する5億人以上のユーザー行動を分析してわかった、実用的で価値のあるマッチングアプリにするためのASOのポイントを紹介します。

1. マッチングアプリ業界でのアプリの位置付けを明確にする

マッチングアプリをDLするユーザーは、モチベーションに基づいて2種類に分類できます。

  • リレーションベース: 主に真剣な交際関係を見つけるためにアプリが使用される
  • カジュアルベース: 主にロマンティックではないhookups(軽い男女関係)また、カジュアルな関係を見つけるためにアプリが使用される

これらは全てのデートアプリにおいて、一般的に認識されているものですが、この2つの基本的なセグメンテーションを理解することで、高い飽和状態にあるデートアプリ業界の中でどのアプリが直接的なライバルとなるのかを把握することができます。また、検索結果表示画面で、他のマッチングアプリと差別化を図るためにどのようなクリエイティブを作ればいいかを明確にすることもできます。

2. USP(Unique selling proposition)を定義する

バラエティに富むマッチングアプリの中で自社のアプリがどの位置付けにあるのかについて正しく理解し、アプリのUSPを定義してみましょう。これはアプリストアのプロダクトページでテストするメッセージやクリエイティブに影響を及ぼします。

マッチングアプリ業界において、競争で優位に立つためは大きく2つのポイントがあります。

  1. ユーザーの好みを把握する :アプリはユニークでニッチな特性や興味を持つユーザをターゲットに絞るといいでしょう。(例 : 性別、世代、宗教、場所、ダイエットなど)

  1. 突出したアプリ機能 :アプリに独自の特徴や機能、価値があるとより容易にDLしてもらえるでしょう。例えば『Bumble』では女性から会話が始まるという特徴、『Once』では1日に1回しかマッチが提供されないという特徴があります。

3. 最適化されたアプリストアのクリエイティブとメッセージを通じてアプリのユニークなベネフィット (メリット) を伝える

何でアプリを差別化したのかに応じて、アプリストアのアセットとメッセージをUSPに合わせながら最適化することができます。 調査によると、ほとんどのマッチングアプリのギャラリーには以下の2つのデザインのうち1つが含まれています。

  • 上図右のスタイル : アプリのスクリーンショット画面とそれを使っているデザインのもの
  • 上図左のスタイル : アプリの一画面を表示しているものです。

マッチングアプリはユーザーに現実と結びついた体験を提供するアプリです。アプリストアのプロダクトページをみた訪問者が、このアプリでできる体験を想像しやすいページを作ることで、ユーザーのアプリDLにつながり、結果的に自社のアプリをブランド化することができるでしょう。

さらに、「StoreMaven」のデータによると、マッチングアプリにおけるプロダクトページの閲覧率は25%〜35%もあることがわかっています。プロダクトページでを作りこむことで、他のアプリとの競争で優位に立つことができます。

メインメッセージ (最も伝えたいこと) を最初に入れる**

プロダクトページのスクリーンショット画面ははアプリストアに訪れたビジターにアプリで何ができるのかをわかりやすく示すことができる重要な要素です。スクリーンショットをスクロールする訪問者はたった12%であるため、自社アプリの特徴を捉えたUSPを一番初めに掲載するとより有効でしょう。

上記の例で『Hook Up Dating』はアプリタイトルとスクリーンショットのキャプションを使用して、訪問者にカジュアルベースのアプリであることを明確に示しています。一方で、『Hook Up Dating』と比べると『Coffee Meets Bagel makes』はより短いディスクリプションとスクリーンショットのキャプション、より真剣な交際をイメージさせるグラフィックで構成されており、ターゲット層が異なることが明確です。

アプリストアページのローカライズ

ローカライズはアプリ可視性とCVRを増加させます。

アプリをさまざまな言語に対応させるだけではなく、ターゲットにしようとしている地域で人気のあるデートアプリを調査し特定することが重要です。

この過程を踏むことによって特定の地域の人々に何をコンセプトにアピールするのか、ライバルがどのようなASOを行なっているいるのかなどを把握することができます。 (キャプションにはどんなメッセージが含まれているのか、ギャラリーではどのような方法でアプリの機能が紹介されているのかなど。) また、曖昧な文化的なニュアンスを特定することにも役立ちます。

例えばフランスやロシア、イギリスなどの各国のアプリストアではそれぞれデートアプリに特徴があることが分かりました。

  • フランス デートでは女性が決断権を持つことが一般的です。この慣習に沿って『The AdopteUnMec』では、女性が男性を選ぶ仕組みになっています。2枚目のスクリーンショットでは、実際に女性が男性を選ぶ際の画面を載せることで、アプリがどのようなものか想像しやすくしています。
  • ロシア ロシア人はシックな見た目のセルフィーと、意外にも猫のビデオのクリエイティブアセットなどが人気がある傾向にあります。『Mamba』の1枚目のスクリーンショットでは女性のプロフィール写真が中央にある一方で、2番目は猫のキャラクターが手を振っている可愛らしいスクリーン画面になっています。
  • イギリス アプリストアの言語が多地域で話されている言語だったとしてもであってもアプリを地域に合わせてローカライズすることはとても重要です。『eharmony』のスクリーンショットにはイギリスの街並みが表示されており、英語圏の中でもイギリスのユーザーをターゲットにしていることがわかります。このローカライズで、ユーザーにアプリが彼らにとって意味があるものだと認識してもらえます。同じ共通言語の国をマーケティングの中で一括りにして考えることは間違った認識を生んでしまう原因になりかねないので避けるべきでしょう。

アプリのローカライズする際、季節性を大事にしてください。 ユーザーが何に反応を示すかは季節にも関係しています。例えば夏であればユーザーは屋外の画像により反応を示す傾向にあります。冬はクリスマスに関連するメッセージを好む傾向にあります。

ASOのおすすめポイントと次のステップ

今日、世界中の何百万人ものユーザーがデートアプリに興味を持っています。アプリストアのページを着実にテストし最適化を行い、ユーザを惹きつけ続けることが重要です。

そこで、ASOを行う際のポイントをいくつかご紹介します。 2つのスクリーンショット画面をテストして1枚目に表示される画面としてどちらがDL率が高いかを確認してください。男性のプロフィール画面を女性ユーザにそれを見せることで潜在的な需要をテストすることもできます。スクリーンショットを最適化することでCVR を28%増加させることもできます。

  • App StoreとGoogle Play ストアで異なるメッセージをテストしましょう。「StoreMaven」の調査によると、両方のプラットフォームで同じクリエイティブを使用するとiOSのDL数を20〜30%減少させてしまうことが分かっています。
  • アプリストアのプロダクトページにおけるにおけるユーザーのエンゲージメントを以下のように分析してみましょう。 プロダクトページにおいて訪問者がアプリの動画やページをスクロールしていない場合は、ASOを行い、閲覧を促しましょう。
  • ビジターがページからすぐに離脱してしまう場合はアプリ内のそれぞれの機能の最適化とオンボーディングに注力しましょう。

この記事は、Storemaven社のブログ”3 App Store Optimization (ASO) Tips for Dating Apps “を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on toremaven in English under the permission from the author.

関連記事はありません