アプリマーケティング用語集

ARPPUとは ARPPUとはAverage Revenue Per Paid Userの略で、有料ユーザー1人あたりの平均収益をあらわす指標です。1日ごとに算出する場合は日次ARPPU、月間で出す場合は月次ARPPUと言ったりします。  

ARPUとARPPUの違い

ARPPUに対しARPUという用語もありますが、こちらはAverage Revenue Per Userの略で、課金していないユーザーも含めた1人あたりの平均収益のことです。  

参考:ARPU   フリーミアムモデルを採用しているアプリではアプリ全体のARPUをまとめてしまうのではなく、課金ユーザーと非課金ユーザーを区別して収益を算出する必要があります。  

ARPPUの計算方法  

ARPPUを売上から算出する方法

ARPPUは課金ユーザー1人あたりの平均収益なので、アプリの売上と課金ユーザー数がわかっている場合は売上を課金ユーザーの数で割ることで算出することができます。  

ARPPU = Revenue ÷ PU1)PU:Paid Userの略
  例えば1日の総ユーザー数が10万人で、うち課金ユーザーが2%の2,000人、アプリの1日の売上が100万円だった場合、1日のARPPUは以下のようになります。  
ARPPU = 1,000,000 ÷ 2,000 = 500 ARPPU:500円
また、この場合の1日のARPU(1ユーザーあたりの平均収益)は以下のようになります。  
ARPU = 1,000,000 ÷ 100,000 = 10 ARPU:10円
 

ARPPUを商品から算出する方法

arppu   ARPPUは商品の単価、一回あたり購入数、購入頻度の3つの要素で構成されるので、購入点数や期間内の購入頻度の平均がわかっている場合は3つを掛け合わせることで算出することができます。  

ARPPU = Price x Number x Frequency
  例えばあるECアプリにおける月次のARPPUを算出したい場合、商品単価の平均が1,000円、一度あたりの平均購入点数が2.5個、平均的な買い物の頻度は月に2回だとするとARPPUは下記のようになります。  
ARPPU = 1,000 x 2.5 x 2  = 5,000 ARPPU:5000円
 

関連記事


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


【毎月5社 限定】ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら

注釈   [ + ]

1. PU:Paid Userの略