(編集部注* 本記事は2017年8月1日に公開したものを再編集したものです。)

皆さんはASO (App Store Optimization: アプリストア最適化)とは何かご存じですか?ASO とは、アプリストアの検索順位を上位に表示させるために、モバイルアプリおよびアプリストアの情報を最適化するプロセスのことです。

SEO (Search Engine Optimization: 検索エンジン最適化 )と類似していることから、ASOはアプリストアSEO、アプリ検索最適化、モバイルアプリSEOなどとも呼ばれています。

1:ASOガイド記事作成の背景

数年前、私は初めて自分のアプリをアプリストアでリリースしました。とても魅力的なアプリだと感じていたため、多くのユーザーによってダウンロードされるだろうと思っていたのです。

私は待ち続けました。しかし、いくら待っても、毎日たった数人のユーザーにダウンロードされるだけだったのです。

このような状況に少しいらだっていた私は広告キャンペーンに取り掛かりました。しかし、広告キャンペーンを介した1インストールあたりにかかる費用はUS$1からUS$5です。アプリストアで上位25位に入るためには、少なくとも1日に40,000インストールが必要になります。費用のことを考えると、すぐにその選択はできないと判断しました。

詳しくリサーチした結果、自分が行うべきASO対策がたくさんあることに気が付いたのです。結果として、ダウンロード数をひと月で1,478%増加させることに成功しました。

aso2017

「ASOが重要なことは知っているけれど、どうやればいいのかわからない?」とお悩みの方もいるかもしれません。以下が、ASOを行うための3つのステップです。

ステップ1: 正しいキーワードを選定する

ステップ2: キーワードを適切な場所に配置する

ステップ3: 訪問者をユーザーにコンバートする

2:ASOのやり方

ステップ1: 正しいキーワードを選定する

アプリストアでの検索結果で上位に表示させるためには、アプリに対して設定したキーワードが重要なポイントになります。よって、ASOとして第一に行うことは、キーワードの選定です。

アプリストアのキーワードの最適化を効果的に行うには、各アプリストアで使用されるアルゴリズムを理解することが重要になります。詳しくは「アプリストアの最適化2017:Google Play ストアとApp Store」を参考にしてください。

a) キーワード候補

少なくとも50個、キーワードを考えましょう。キーワード候補をたくさん提案してくれるツールをいくつか紹介します。全て無料で利用することができるのでぜひ活用してください。

  • Übersuggest
  • OneLook Reverse Dictionary
  • Google Keyword Planner
  • Apple Search Ads > Recommended Keywords ( iOSアプリ専用)

aso2017

『Google Trends』を利用すれば、あるキーワードが世界でどれほど検索されているかを調べることができます。このツールは、ある特定の国でアプリを公開したい場合に非常に有効です。

キーワードはアプリに関連するものでなくてはなりません。良く検索されているキーワードだからと言って、関連性のないものを使おうとするのはやめましょう。キーワード設定の目的は、アプリをダウンロードし、利用してくれるユーザーにアプリを見つけてもらうことです。

【ASOのコツ】

・時期に依存するキーワード

例えば、2016年のオリンピック開催中にスポーツ系アプリを公開して、「Rio」というキーワードとその他の関連するキーワードを使用した場合、検索ボリュームは増えます。さらに、アプリストアの特集ページで取り上げられるチャンスも増えるのです。

・レビューのキーワード

アプリのユーザーレビューに使われている言葉が、アプリストアの検索エンジンによってインデックスを付けられていることをご存知でしょうか?

従って、キーワードの選定にユーザーレビューを活用するのは良い手段です。

レビューはユーザーの考え方を表しており、ユーザーによるアプリの検索の仕方によく関係しています。レビューのキーワードを参考にすることで、今まで考えつかなかったアイデアを得ることができるのです。

市場には様々ンレビュー分析ツールが出回っています。AI(Artificial Intelligence:人工知能)を用いてレビューを分析し、ユーザーのアプリを気に入っている点とそうでない点を分析することが可能です。

b) キーワードの最適化

キーワードの候補が出揃ったら、キーワードを選定するための戦略が必要になります。キーワードを最適化するプロセスの負担を軽くするために、キーワードリサーチのツールを利用しましょう。キーワードの難易度および検索ボリューム(頻度)を調べることができます。アプリ公開の際には、25個程度のキーワードを選んでおいてください。

【ASOのコツ】

・キーワード最適化の戦略

新しくアプリを公開する際は、難易度が低く、中程度の検索ボリュームであるキーワードを選びましょう。公開直後のダウンロード数の増加を促します。順調なスタートが切れたなら、次は検索ボリュームが大きく、中程度の難易度であるキーワードを使いましょう。ダウンロード数のさらなる増加を促すことができます。アプリのダウンロード数が増えるにつれて、徐々にキーワードを調整していくのです。

・ロングテールキーワード

検索順位を上げるために、複数語を掛け合わせたキーワード(ロングテールキーワード)を利用しましょう。例えば、競争力の高い「Poker」(難易度高)というキーワードを使う場合、検索結果で「Zynga Poker」よりも上位になることは困難です。しかし、「Poker Casino」というキーワードを使えば、上位になるチャンスが高くなります。「Poker Casino」は競争力が低いためです(難易度低)。

・役に立たないキーワードの使用をやめる

既にキーワードを選定し、アプリの公開も済んでいるのなら、キーワード検索によるアプリのランキングをチェックしてください。アプリを上位10位以内に表示させるキーワードはそのまま残し、そうでないものは次回のリリースタイミングで違うキーワードに変更しましょう。

ステップ2: キーワードを適切な場所に配置する

キーワードを選定・最適化したので、ステップ2である「キーワードを適切な場所に配置する」準備に取り掛かる準備ができました。

アプリストアのページには、キーワードを含め入力すべきメタデータがいくつかあります。

a) アプリ名

アプリ名は創造性があり、検索されやすいものにしましょう。ユーザーにとって、どのようなアプリなのか分かる手掛かりになるだけでなく、検索結果に表示されるような名前である必要があるからです。

MobileDevHQ (現Tune)の調査によると、アプリタイトルの中にキーワードを使用した場合、検索結果の順位が10.3%上昇することが分かりました。

aso2017

Google PlayおよびiOS App Storeでユーザーがキーワード検索を行う際、検索アルゴリズムにおいて、アプリ名も検索対象です。

従って、アプリ名にキーワードを取り入れるのは名案であるといえます。両者のプラットフォームにおいて、アプリ名に検索キーワードが含まれている場合は検索結果に表示される優先度が高くなるのです。

しかし、あまりにも多くのキーワードをアプリ名に詰め込んでしまうと、スパムのようなアプリに見えてしまいます。キーワード対策とブランディングのいいバランスを見つけることは大切です。

限られた文字数を上手く使いアプリ名をつけましょう。Google Playストアでは最大50文字、iOS App StoreではiOS 11より最大30文字です。

【ASOのコツ】

・アプリ名のフォーマット

アプリ名は短く魅力的なものにしましょう。その名前の後にダッシュ(ー)やセミコロン(;)をつけ、検索されやすい、いくつかのキーワードを並べるのです。以下が実際の例になります。

aso2017
Google Maps – Navigation & Transit
aso2017
Amazon App: shop, scan, compare, and read reviews
aso2017
eBay: Buy, Sell, Save! Electronics, Fashion & More
aso2017
Pandora – Free Music & Radio
aso2017
The Weather Channel: Alerts, Forecast & Radar

特にApp Storeでは、アプリのURLを作成する際、アプリ名が使われるため、アプリタイトルにURLで使用可能な文字を使うことはとても重要です。

アプリ名にトレードマークやコピーライトなど、特殊文字を使わないようにしましょう。特殊文字を使用してしまうとiTunesでキーワード検索を行う際に、アプリ名ではなくアプリのID(数字)が検索対象とされてしまうからです。

b) サブタイトル(iOS App Storeのみ)

サブタイトルはiOS 11より導入され、AppleのApp Storeでのみ使用されています。
aso2017

アプリ名の下に表示される部分で、字数制限は30文字です。

サブタイトルにはアプリの特徴を説明するようなキーワードをいくつか含むことが理想的でしょう。サブタイトルに使用されるキーワードは、App Storeの検索によりインデックスがつけられるからです。サブタイトルに重要なキーワードを入れて、この貴重なフィールドを十分に活用しましょう。

c) アプリの説明文(Google Playストア)

Android対応アプリの開発者は、Google Playストアのアプリ説明欄に力を入れましょう。Google Playストアの説明欄は短いものと長いものの2種類あります。

どちらの説明欄もキーワードを取り入れながら自然で分かりやすい説明文にしてください。Googleは説明欄もキーワード検索の対象になるからです。

アプリ名と説明欄に重要なキーワードを5回使うことでGoogle Playの検索アルゴリズムはキーワードとアプリの関連性が高いと判断してくれます。主要なキーワードを忘れずに使いましょう。

また、Google Playストアの説明欄では、多様なフォーマットと絵文字を使用することが可能です。これらの機能や空白、箇条書きなどを上手く使って、目を引いてかつ読みやすい説明文にしましょう。

d) アプリの説明文(iOS App Store)

iOS App Storeでは、アプリの説明欄に使われているキーワードは検索対象になりませんが、iOS開発者がここで手を抜くのはよくありません。

初めの3行でアプリの特徴を説明することで、アプリストアのプレビュー画面を見た人がどのようなアプリなのか理解できるようにしてください。

もし可能ならば、社会的信頼、賞、得られた評価をリスト化しましょう。初めてページを訪れたユーザーのためにも常に最新の機能を記載し、アプリのSNSのリンクも貼り忘れないでください。

【ASOのコツ】

・簡単な説明文は重要

StoreMavenによると、Google Playの「簡単な説明」の下にある「もっと読む」をクリックするユーザーは、平均5%程です。iOS App Storeではさらに低く2%ほどになります。

従って、簡単な説明に書かれる文章はとても重要です。

スマートフォン上では、この部分に252文字しか使用できません。

aso2017

文字数が限られているので、空行や無駄な文章は削りましょう。

この欄には、アプリの特徴的なポイントやユーザーが気に入るポイントなどを記載しましょう。訪問者にアプリをインストールしてもらうように、CTA(call-to-action)を設置するのです。

e) プロモーション用テキスト(iOS App Storeのみ)

アプリのサブタイトル欄のように、iOS 11から「プロモーション用テキスト」が導入されました。170文字まで使用することができ、説明欄の上部に表示されます。

プロモーション用テキストはApp Storeの検索によってインデックスが付与されることはありませんが、新しいバージョンをリリースしなくてもアップデートすることが可能です。

【ASOのコツ】

・プロモーション用テキストによるA/Bテスト

プロモーション用のテキストはバージョンアップしなくても変更することが出来るので、A/Bテストを迅速に行うことができます。様々なテキストをテストし、最も良いCVRとなるメッセージにたどり着いたら、その一部をキーワードとして取り入れましょう。

f) 検索のためのキーワード(iOS App Storeのみ)

aso2017

このメタデータによって、アプリの検索のされ方が決まります。ここには選定したキーワードを記入してください。以下のルールに従い、文字数を無駄遣いしないようにしましょう。

  • 100文字すべてを使う
  • すべてのキーワードをコンマで区切る
  • スペース、冠詞、前置詞を使用しない
  • 単数形または複数形は、検索上位に入りやすい方を使う
  • 同じキーワードを繰り返さない
  • 数はスペルアウトせずに数字を使う
  • 会社名、アプリ名、アプリのカテゴリー名を含める必要はない

【ASOのコツ】

・キーワード最適化ツール

キーワードメタデータを最適化するために、App Store SEO Graderを利用しましょう。このツールは上記のルールをキーワードに適用し、改良方法を導き出してくれます。

g) In-App Purchase(アプリ内課金)

iOS App Storeでは、In-App Purchase(IAP)の名前はアプリストアの検索によってインデックスがつけられています。

iOS11ではIAP専用の表示名、プロモーション画像、説明文が与えられており、検索結果として表示され、Today、Games、 Appsで特集もされるのです。アプリの公開ページに最大で20個のIAPを表示することもできます。

検索結果への表示を最大にするために、IAP名にキーワードをいくつか使用してみましょう。

ステップ3: 訪問者をユーザーへ転換する

キーワードの最適化ができたら、ASOのコアとなるアプリストアのページを最適化します。

ASOの第一の目的はアプリのインストール数を増やすことです。アプリ詳細ページは、アプリストアページの訪問者をアプリユーザーにするのに十分な説得力を持たなければなりません。

アプリストアページに関連する、開発者注意しなければならないポイントをご紹介します。

a) アプリのアイコン

優れたアイコンでアプリのダウンロード数は560%増加します。

シンプルで目を引くデザインを目指しましょう。多くのアイテムや単語を詰め込んではいけません。第一印象でユーザーに覚えてもらえるようなアイコンにしてください。

アイコンがApp StoreやGoogle Playでの最小サイズになったときにも見栄えが良いデザインにしましょう。明るい背景や暗い背景でも見栄えのするデザインならば、より良いです。

デザインのインスピレーションを得るために同じカテゴリーのランキングが上位のアプリ、AppleやGoogleでの上位のアプリのアイコンを参考しましょう。

他の競合アプリとユーザーが混同しないように似たようなアイコンデザインは避けてください。色のコントラスト、異なる形、フレームの利用で特徴的なデザインを目指しましょう。

aso2017
Branded App Icon: Uber

aso2017
Functional App Icon: 7 Minute Workout

【ASOのコツ】

・有名なブランドのアプリアイコン vs 実用的なアプリのアイコン

実用的なアプリであるならば、1つのオブジェクトをモチーフに利用してどんなアプリなのか説明できるようにしましょう。知られているブランドを持っているアプリならば、アイコンにロゴを使用して、ユーザーから認識してもらえるようにしてください。

b) スクリーンショット

StoreMavenによると、ユーザーの60%は、最初の2つのスクリーンショットのみを見て、残りのスクリーンショットまでスワイプすることはないそうです。初めのスクリーンショット2つに良い画像を使用すると、コンバージョン率を25%増加させる結果が出ています。

優れたスクリーンショットを作成するために、一つ一つのスクリーンショットがそれぞれアプリに対するメッセージを含むようなものにしてください。特に最初の2つに、ユーザーへのメッセージが最も伝わるものを選びます。スクリーンショットの背景に短い説明書きを追加して、ユーザーにポジティブな印象を与えましょう。

ログイン画面、登録画面、購入画面、宣伝、「Welcome」画面はスクリーンショットに利用しないでください。スクリーンショットを最大限に活用してアプリを気に入ってもらえるようにしましょう。

スクリーンショットの重要性はわかったけれども、どうやって作成すればいいのかわからない方は「最新版!アプリストア用スクリーンショット作成ガイド」を参考にしてください。

【ASOのコツ】

・縦のスクリーンショット

スクリーンショットは縦長画像を使用しましょう。ユーザーは縦長の画面で、スクリーンショットを見る機会の方が多いからです。

aso2017aso2017

『Clash of Clans』のバーティカルスクリーンショット

・スクリーンショットの規格(iOSのみ)

少し前まで、アプリのパブリッシャーはiPhoneのモデルに合わせて様々なスクリーンショットをアップロードしなければなりませんでした。現在はiPhone 7 Plus(1242×2208ピクセル)のスクリーンショットをアップロードすると自動的にApp Storeが他の世代のiPhoneの規格を合わせてくれるのです。

・スクリーンショットを最適化する

App Store SEO Graderを使ってスクリーンショットを最適化しましょう。このツールはスクリーンショットの寸法、総数、縦横、そして数種類のiOSデバイスとの互換性をチェックし、改良点を指摘してくれます。

c) プレビュー動画

動画を作成することは難易度が高いかもしれませんが、StoreMavenによれば、プレビュー動画によってインストール率が23%以上増加することが分かりました。

ポスターフレーム(iOS)や宣伝用画像(Google Play)も忘れずに使用してください。訪問者が動画を見るかどうか大きな影響を与えるからです。

こちらの記事では、より詳しく動画の重要性についてご紹介しています。「アプリストア最適化(ASO)における動画の重要性

【ASOのコツ】

・アプリのマーケティング動画

効果的なアプリのマーケティング動画の重要な要素をいくつか紹介します。自社アプリのビデオやトレーラーでよく知られているApptaminという会社によって推奨されている要素です。

  • 最初の5秒で視聴者の注意を引く
  • すべての機能ではなく、特に優れた機能のみに焦点を当てる
  • 動画の音を出さなくても意味が通る
  • CTA(Call to action)を含める

ユーザーの80%は、12秒までしかプレビュー動画を見ていません。簡潔に、核心をついた動画を作成しましょう。動画をフェードインや、「Welcome」で始めるような作り方は避けてください。

aso2017

d) 評価とレビュー

評価とレビューはアプリのダウンロードに非常に大きな影響を与えます。以下のインフォグラフィックをご覧ください。

aso2017

【ASOのコツ】

・ユーザーのセンチメント

アプリに対するユーザーのセンチメント分析(SNSなどでユーザーの書き込みから、商品や事象に関する消費者の感情を分析する手法)のために、こちらのツールを活用しましょう。このツールはAIでユーザーのレビューからアプリのどこを気に入っており、どこを気に入っていないのか分析してくれます。

ところで、一体どうやったら5つ星評価を獲得できるのでしょうか?

ユーザーが積極的にフィードバックしようするタイミングまで、評価を無理に依頼しないようにしましょう。例えばユーザーが予約を完了したり、ゲームのミッションをクリアしたときにレビューを依頼するのです。タイミングを見計らい丁寧にお願いしてください。

 

具体的にはどうやればいいのでしょうか?Circa Newsアプリが良い例です。主要なバージョンのすべてでユーザーの90%が5つ星の評価をしています。これがCirca Newsがユーザーにフィードバックをお願いするときのフローチャートです。

アプリに対して好印象のユーザーにはポジティブなレビューを残してもらい、そうでないユーザーには、「フィードバックを送る」オプションを用いることで、レビューをつかないようにしています。

aso2017
・iOSアプリの開発者へ

iOS 10.3のリリース以降は、1年に3回のみユーザーにアプリの評価を依頼することができます。

この数少ない機会をものにするために、アプリの愛好者を見極めて、適切なタイミングで評価をお願いしなければなりません。

「どうやって見極めればいいのだろう」と疑問に思う方もいるかもしれません。

簡単な調査やユーザーとのコミュニケーションを取ればいいのです。

例えば、10段階評価で、有名な「Net Promoter」の以下の質問をしても結構です。

「あなたは友人や同僚にこのアプリをどの程度勧めたいと思いますか?」

aso2017
9か10をつけてくれたユーザーがアプリのプロモーター、つまり愛好者です。
aso2017

このようなユーザーは適当なタイミングでレビューをお願いすると、大抵は星4つや5つくれます。

これを実行するために、独自の評価とフィードバックのフローを作っても良いですし、単に『Apptentive』のようなツールを使用することもできます。

【ASOのコツ】

・アプリストアレビューへの導き方

肯定的なレビューをアプリストアへ、否定的なレビューをサポートへ誘導します。

加えて、ユーザーからのアプリのレビューやフィードバックに対して忘れずに返信しましょう。真剣なユーザーがわざわざ時間を作ってコメントしてくれるのです。開発者も真剣であることを伝えましょう。開発者がアクティブであることをユーザーに知らせる良い機会でもあります。

Google Playには、開発者用コンソールに「レビューに返信する」オプションがあります。

aso2017

iOS App Storeでも、2017年3月のiOS 10.3のリリース以降、レビューに返信できるようになっています。

iTunes Connectで、「マイアップ > アプリを選択 > アクティビティ > 評価とレビュー」を選択することで利用可能です。

そこに表示されるそれぞれのレビューに、「返信」オプションがあります。

aso2017

【ASOのコツ】

・レビューへの返信の仕方

アプリの主要なリリースの後では、すべてのフィードバックに素早く返信しましょう。すべてのレビューに対して返信できない場合は、星の数が少ないレビューまたは最新バージョンのアプリに対する技術的な問題を報告しているレビューから優先して返信します。

ユーザーが過去に報告した問題を修正するアップデートをリリースするとき、レビューに返信して問題への対処を伝えることも検討してください。

ユーザーの質問に答えたり、技術的な問題を解決したりした後には、ユーザーに評価とレビューを更新してもらうよう依頼することも考えましょう。

返信の文章に、次回のアップデートに対するフィードバックをお願いする旨を付け加えても結構です。

しかし、すでに悪いレビューをたくさん受け取っている場合はどうすれば良いのでしょうか?

幸運にも、iOS 11以降では、評価をリセットしてやり直すことが可能です。

iOS 10以前では、悪いレビューを隠してしまう方法を使うことが出来ました。さらに、5つ星評価を上手く利用して、アプリに対してポジティブな第一印象を与える方法も紹介しています。

詳しくは「ASOにも有効! iTunes Connect上のユーザーレビューへの返信方法」を参考にしてください。

e) アプリの容量

アプリサイズはiOS対応端末では200MB、Google Playアプリは100MB以下に抑えましょう。なぜなら、100MB以上では、携帯電話サービス使用時にユーザーがアプリをダウンロードすることができないからです。

aso2017

例えば、ユーザーがバスもしくは電車に乗っているときには100MB以上のアプリをダウンロードできません。その後ユーザーがアプリ名をメモし、家に帰って再びダウンロードするとはとても考えられません。

証拠もあります。appfiguresの記事によると、上位100位までのアプリの内の98%、有料のゲームの内の62%が100MB以下の大きさとなっています。

200MBでも不十分だとお考えですか?iOS対応の「Clash of Clans」のサイズはたったの85.3MBです。

【ASOのコツ】

・アプリの容量は小さくする

画像を圧縮したり、いくつかのコンテンツはインストール後にダウンロードさせるようにしたりして、アプリサイズを縮小します。

・上位100位以内のアプリと比較する

自分のアプリのサイズを100位以内のアプリと比較する方法を知りたいですか?このASOツールを使います。このツールで100位以内のアプリと自分のアプリを比較して、適正なサイズになっているか判断しましょう。

f) アップデートの頻度

統計によると、良い評価とアプリのアップデートの頻度には高い相関関係があるということが分かっています。実際、定期的にアップデートをリリースすることは利益に繋がるのです。

ユーザーのロイヤリティを向上し、アプリストアのアップデートリストに表示されることから、ユーザーの印象にも残ります。そしてアップデートは、開発者がアプリに力を注いでいること、きちんとメンテナンスしていることを表すため、AppleやGoogleにも歓迎されるのです。

どのくらいの頻度でアプリをアップデートすべきでしょうか?以下の表を確認してください。

aso2017

これらの上位25位のiOSアプリのアップデートの間隔は平均して30日です。少なくとも一ヶ月に1回、多くても週に1回のアップデートを推奨します。

もちろん、回数を増やすためだけの無意味なアップデートはすべきではありません。アップデートによってバグ修正か機能改善が行われるなど、常にアプリを改善するためのアップデートをしましょう。

g) アプリのローカライゼーション

アプリのローカライゼーションはアプリをダウンロードしてくれるユーザーの数を増やします。しかしながら、アプリを多くの言語に対応させるのは大変な作業です。

アプリ自体を完全にローカライズする前に、まずはアプリストアで並んでいるときに必要な項目をローカライズしましょう。アプリ名、キーワード、スクリーンショットなどです。

「MAKE APP Magazine」のDavid Jannerは、ローカライゼーションに関する実験を行いました。この実験で彼はアプリ名、検索キーワード、説明文の一行目をローカライズさせました。この簡単な変更のみでアプリのダウンロード数はなんと767%も増加したのです。

ローカライゼーション前は、主にアメリカ国内でダウンロードされていました。しかし、ローカライゼーション後は、このようになったのです。

aso2017
Image courtesy of MAKE APP Magazine

「OneSky」によると、アメリカから得られる収益が全体の31%になった一方、アジアでは41%、ヨーロッパで23%になりました。特に、中国はiOSアプリのダウンロード数と収益に関して、アメリカを上回ったのです。

アプリがアメリカの市場に向けた英語バージョンのみしかない場合は、より多くの収益を得るチャンスを逃していると言えます。

【ASOのコツ】

・アプリのローカライゼーション

まずはアプリストアで必要な最低限のローカライズをし、国別にダウンロード数を確認してください。その後で、ダウンロード数が多い国に向けて、アプリ全体のローカライゼーションをすべきかどうか決定しましょう。

・アプリが成功しそうな市場を予測する

このアプリ分析ツールは、LTV (Lifetime User Value: 顧客生涯価値)、ARPU (Average Revenue Per User: ユーザー1人あたりの平均収益)、コンバージョン率に基づいて、成功しそうな市場を予測します。これらの情報を取得し、市場機会を得るために、積極的にアプリをローカライズしましょう。

h) コンバージョン率

アプリのプレビュー動画のインプレッション数、アプリページ訪問者数、アプリのインストール数を追ってください。どのステップでユーザーが離脱しているのか特定しましょう。

例えば、アプリのプレビュー画面を閲覧した後にアプリのページに辿り着いたユーザーは90%以上いたのか?アプリページに辿り着いた後、アプリをダウンロードしたユーザーは50%以上いたのか?調べましょう。

ユーザーが離脱するステップを特定したら、適切に修正を施して、コンバージョン率が改善したのかどうか確認しましょう。

【ASOのコツ】

・コンバージョン率を評価する

このASOツールを利用して、アプリのコンバージョン率を評価しましょう。アプリカテゴリーの中央値、と最高値と比較し、改善方法を提案してくれます。

i) AppleのSpotlight検索とGoogleのFirebase App Indexing

iOSアプリの開発者に向けて

aso2017

AppleのSpotlight検索とは、ユーザーがiOSデバイスにインストールされているアプリを検索できる機能です。この機能により、アプリの開発者にとって、より頻繁に既存ユーザーと関わる機会が増えました。

iOSアプリの開発者は、自分のアプリのSpotlight検索を有効にしましょう。これにより、ユーザーエンゲージメントを向上させると同時に、アプリストアでの検索順位を上げることに繋がります。

実際に、iOS App Storeで上位20,000位のアプリの35%が、Spotlight検索を有効にしています。これを実施しない手があるでしょうか?

iOSとAndroidアプリ両方の開発者に向けて

aso2017

GoogleのFirebase App Indexingとは、ユーザーがアプリのダイナミックコンテンツを検索できる機能で、AndroidとiOSデバイスの両方で使用可能です。

Firebase App Indexingはユーザーエンゲージメントを向上させるだけでなく、顧客獲得の機会も増やします。これは、アプリがインストールされていようとなかろうと、ユーザーがアプリのコンテンツを検索できるからです。

充実した内容のアプリを公開しているならば、このような機会を活かすためにもFirebase App Indexingを有効にしてみてはいかがでしょうか?

3:すべてを上手くまとめる

以下に、Y Media Labsが制作した素晴らしいインフォグラフィックを紹介します。こちらには、ASOについての最も重要なポイントが整理されています。

aso2017
さらに、iOS App StoreとGoogle PlayでのASOの違いについて知りたければ、以下のまとめをご覧ください。
aso2017

変更を公開した際には、それぞれのキーワードについて検索し、アプリの順位をチェックしましょう。新たに変更を施した際、キーワードの検索結果は変動します。

すべてのキーワードが10位以内に表示されることを目標にしましょう。新しいキーワードでの検索順位がどうしても上がらない場合は、別のキーワードに変更する必要があるかもしれません。

上記で説明した3つのステップを3、4週間ごとに繰り返しましょう。この周期は、アプリストアのキーワードのトレンドが大きく変わるタイミングだからです。最初に取り組んだ最適化の結果の中に数字がよくないものがあってもあきらめてはいけません。アプリマーケティングには時間が掛かりますし、ASOをマスターするには多様な観察力が必要だからです。

頑張ってください!

この記事は、Meatti社のブログ“App Store Optimization Tips & Checklist (2019 Guide for iOS  & Google Play Apps)”を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on Meatti in English under the permission from the author.

##内容##

アプリのDL数を今すぐ2倍に!ASOノウハウが詰まった資料は以下からダウンロードできます。