今回の記事は、iOSとAndroid両方のアプリを運営するアプリマーケターに向け、2つのプラットフォームの違いについて理解を深めることを目的として作成しました。

App StoreとGoogle Play ストアの違いをしっかり理解するためには、2つのアプリストアが提供するUXを比較することが重要です。そうすることで、App StoreとGoogle Play ストアのASOでアプローチを変えるべきだということがわかっていただけると思います。

ASOでより大きな成果を得るためには、以下の比較結果を検討しましょう。

App StoreとGoogle Play ストアの検索結果画面を比較してみると、キーワード検索におけるUXの違いを見ることができます。どちらのストアでも、検索結果には検索連動型広告(App Store:「Search Ads」, Google Play ストア:「ストア内検索広告」)とオーガニック検索の結果が合わせて表示されます。しかし検索結果画面で表示される画像や動画、データ、各アプリの表示方法をよく見てみると、2つのストアのUXには違いがあることがわかります。

iOS 11へのアップデートに伴い、Appleが検索結果画面にどのような要素を追加したのか、そしてGoogle Play ストアの検索結果画面にはブランドの情報がどのように表示されるのか、確認しておくことも重要です。

オーガニック検索でアプリを見つけるまでの経路をさらに見てみましょう。2つのアプリストアの検索結果画面には様々な違いがありましたが、次の段階であるアプリのプロダクトページ、リスティングページには共通点が多く見られます。しかしここでもアプリマーケターが知っておくべき重大な違いがあります。この違いを踏まえて、2つのプラットフォームにおけるASOを変えなければなりません。

App StoreとGoogle Play ストアのASOの主な違い

では、App StoreとGoogle Play ストアそれぞれのUXに合わせてASOをどのように変えればよいのでしょうか。検討すべき点を以下にまとめています。

App previews

App Storeは動画を自動再生します。さらに検索結果画面にも動画を自動再生するため、App StoreではGoogle Play ストアより動画がコンバージョン率に大きく影響します。

スクリーンショット

App Storeでは検索結果画面にスクリーンショットも表示するため、ユーザーの関心を引くという点ではGoogle Play ストアよりもスクリーンショットの重要性が高くなります。Google Play ストアの場合、スクリーンショットはスクロールしなければ見えない位置に表示さるため、スクリーンショットでユーザーの関心を引く必要はありません。Google Play ストアのスクリーンショットはアプリの機能や操作方法を伝えるために使用しましょう。

アイコン

Google Play ストアでアプリのプロダクトページを開いた時にユーザーがまず目にする要素は、ヘッダー画像か静止状態の動画です。しかしこれより先に、ユーザーはアプリのアイコンを目にします。そのため、Google Play ストアではアイコンがコンバージョン率に影響する可能性が高くなります。App Storeでは、アプリのアイコンはトップセールスランキングとフィーチャーページでしか表示されません。

レビュー

Androidではユーザーからのレビュー内容が、スニペットとして表示されたり機能評価に反映されることを考慮すると、App Store以上にGoogle Play ストアにおける重要度が高くなります。

検索結果画面

検索結果画面を比べてみると、Google Play ストアよりApp Storeの方が一つ一つのアプリの表示面積が大きいことがわかります。これはアプリのコンバージョン率に大きな影響を及ぼします。App Storeの方が検索結果画面でユーザーの関心を引きやすい一方、Google Play ストアでは他のアプリを見ようとしていたユーザーを獲得できる可能性が高くなります。

説明文

どちらのアプリストアにおいても、説明文の全文はそれほど重要ではありませんが、Google Play ストアの簡単な説明やApp Storeの説明文の冒頭80~130文字は「詳細を見る(Google Play ストア)」や、「さらに見る(App Store)」をタップしなくてもユーザーの目に触れるので、説明文の中でもこの部分はコンバージョン率をアップする効果が高いと言えます。

アプリ内課金

iOS 11版のApp Storeでは、アプリ内課金のプロモーションが新たに追加されました。プロダクトページにこの要素が追加されたことで、アプリ内課金の有無が見やすくなっただけでなく、アプリのコンバージョン率にも影響があります。 Google Play ストアのASOには、アプリ内課金の影響はありません。

Google Play ストアでの評価

Google Play ストアのプロダクトページには、すべての国からの累計ダウンロード数と評価・レビューが表示されます。しかし検索結果画面には、星での評価しか表示されません。App Storeの場合、検索結果画面には評価の数と、その結果を星の数で表示します。そしてユーザーが設定時に選んだ国でのトップセールスランキングで一定以上のランクを獲得している場合にはその旨も表示されます。

この記事は、SplitMetrics社のブログ”How to Run Valid A/B Tests on the App Store: Hypothesis, Traffic and Results Interpretation“を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on SplitMetrics in English under the permission from the author.

アプリのDL数を今すぐ2倍に!ASOノウハウが詰まった資料は以下からダウンロードできます。