これまでSEOといえばWebページだけを対象とするものでした。しかし、当ブログのコラムニストDriscoll Millerが指摘する通り、モバイルの成長のためにはSEO担当者がアプリをインデックスさせる必要が出てきたのです。   ついにモバイルの時代がきたのです!今やGoogle検索の大多数がデスクトップからではなくモバイルから行われるようになり、SEO担当者は対象をモバイルにまで拡大することになりました。しかし、モバイル最適化とは単にWebサイトをモバイルフレンドリーにするだけではなく、アプリも考慮に入れなければなりません。   SMX West 2015で、Jusstin Briggsは構造化されたデータについてのプレゼンテーションを行い、SEOの未来について興味深い見解を語ってくれました。彼はユーザーニーズを把握するために検索エンジンが獲得しなければならない知識について説明を行い、それに関するデータを披露しました。そして、構造化データとモバイルアプリケーションを結びつけるために必要な作業について説明しました。こうした動きは、Googleが最近Google Nowの新機能「Now on Tap」や「Micro-Moments1)Micro-Moments:Googleが提唱している、何か突発的な欲求が生じたときにすぐモバイルデバイスを使って調べる・買うといった行動を起こす瞬間 http://adwords-ja.blogspot.jp/2015/08/micro-moments1.html について発表したことからも、この方向にGoogleが進んでいることが読み取れます。   もちろん全ての企業がモバイルサイトやモバイルアプリを用意しているわけではありませんが、Criteo社による最近の調査では小売業界と旅行業界においては、モバイルサイトに比べてモバイルアプリの方がコンバージョン率が高いという事実もあります。 mobile-retail-conversion-rates-app-desktop-criteo-800x513   しかし、どんなにアプリがモバイルにおけるコンバージョンで重要な役割を果たしたとしても、Webサイトと同様に、アプリを見つけてもらえなければダウンロードもされませんしコンバージョンにも貢献することはありません。ここで登場するのが、SEOの新たな領域とも言える、アプリの発見性を高める取り組みです。   Google Play ストアは2015年2月の時点で140万以上のアプリを提供していたようです。そんなにたくさんのアプリがある中で、どうやってあなたのアプリを見つけてもらえるのでしょうか?   広告、アプリストアのアルゴリズム最適化、もしくは自身のWebサイトにアプリを掲載するなど最近ではアプリをプロモーションする方法は多数存在します。それに加え、Googleはオーガニック検索でアプリを見つけてもらうための新しい方法を追加しました。SEO担当者なら是非ともこの新たな手法を検討するべきです。  

Googleのモバイル検索におけるアプリのSEO  

モバイルアプリは、以前からGoogleのモバイル検索結果に表示されていましたが、モバイルデバイスにすでにインストールされているアプリのみが対象でした。   しかし、Googleは検索内容と関連する場合については、オーガニックのモバイル検索結果にも新しいアプリのインストールを提案する表示が含まれるようになることを発表しました。これはつまり、今まで無視されていたアプリ内のコンテンツが、従来のWebページと同様にオーガニック検索によって見つけてもらえるようになり、新規ユーザーにコンテンツへのエンゲージメントとアプリのダウンロードを促すことができるようになったのです。  

Google Now On Tap  

2015年5月、Google I/Oにて検索エンジンの巨人はGoogle Now On Tapを発表しました。Now On TapとはAndroid端末のGoogle Now機能を拡大したもので、スマートフォンのどの画面にいてもホームボタンを長押しすることによって「今この瞬間」をアシストしてくれます。Googleはこの機能について以下のように説明しています。  

例えば、もし友人が新作映画のトゥモローランドを観に行こうとメールしてきたら、アプリから移動することなくGoogle Nowを起動してすぐに評価や広告をチェックしたり、チケットの購入さえできてしまいます。そしてすぐに元のアプリ画面に戻ることができます。  

App Indexingを使ってアプリを見つけてもらう  

Google Now On Tapやモバイルオーガニック検索結果にアプリを表示させたいアプリ事業者はApp Indexingを実装するべきです。App Indexingを実装することにより、検索エンジンのクローラーがディープリンクを介してアプリのコンテンツを検索することが可能になります。(App Indexingを実装するには、アプリのコンテンツに対応するWebページを用意する必要があります)。   App Indexingは、現在Androidアプリを対象としていますが、一部のiOSアプリにもテスト運用を開始しています(Googleはこのテクノロジーをできるだけ早く一般公開することを目指しており、iOSアプリ開発者には一般公開より少し早くこの技術を利用する特権が与えられています)。当然ながら、Google NowはAndroidのスマートフォンのみで利用できます。   つまり、もしあなたがSEO担当者で、まだ上記のことをやっていないなら、アプリの発見性を高めることも役割の一つとして考えて見てください。SEOはもはやWebサイトだけの話ではありません。 データの置き場所がWebサイト内であれモバイルアプリ内であれ、可視性を高めるためにより包括的なアプローチを考慮すべき時代に差し掛かっているのです。  

この記事は、Search Engine Landの記事 “ The Emerging Role Of SEO In App Discoverability ” を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。 Repro published the Japanese translation of this original article on Search Engine Land in English under the permission from the author.

注釈   [ + ]

1.Micro-Moments:Googleが提唱している、何か突発的な欲求が生じたときにすぐモバイルデバイスを使って調べる・買うといった行動を起こす瞬間 http://adwords-ja.blogspot.jp/2015/08/micro-moments1.html