Apple公式によれば、2019年3月からiPhoneアプリの公開申請に必要なスクリーンショットの要件が変更になり、5.5インチに加え、6.5インチ(iPhone Xs Max用)のスクリーンショットの提出が義務化されるとのことです。

3月からiPhone Xs Max用の画像が必須に

また、iPadも第2世代に加え第3世代用のスクリーンショットが必要となります。iPadの場合はサイズ自体は同じですが、ディスプレイの形が異なるため、2種類ともアップロードしないとリジェクトを受けるリスクがあります。以下が公式の説明。

2019年3月以降、 App Storeに提出されるすべてのiOS Appは、iOS 12.1以降のSDKでビルドされ、iPhone XS Maxまたは12.9インチiPad Pro(第3世代)のオールスクリーンのデザインをサポートする必要があります。 https://developer.apple.com/jp/ios/submit/

実際の端末がなくても、XcodeのiOSシミュレータを利用すればスクリーンショットは作成できるため、まだiPhone6.5インチ、iPad Pro12.9インチ(第3世代)のアップデートがお済みでないアプリ事業者の方はお早めの対応をおすすめします。

これまでは1サイズのみで十分だった

iPhone X以前は全てのiPhone端末でアスペクト比が同じであったため、iPhone8までの最大サイズ(5.5インチ)のみをアップロードすれば自動的に全端末へとリサイズされていました。iPhone X用のスクリーンショットに関しても元々は「オプション」という扱いで、アップデートがない場合は、5.5インチの画像が自動的に拡大され、iPhone Xのディスプレイの形に合わせてデフォルメされることによって代用が可能でした。しかし、最新端末にクリエイティブを最適化する観点から、6.5インチのスクリーンショットを直接アプリ事業者が提出することが必要になったという訳です。

参考: 「スクリーンショットの仕様」https://help.apple.com/app-store-connect/#/devd274dd925

まだリジェクト事例はないものの…

世界最大のASO事業者のコミュニティASO Stackでは、3月に入ってから6.5インチのスクリーンショット無しでアプリを提出した事例なども報告されていますが、今のところ審査によるリジェクトを受けたケースは無いようです。しかし、今後Apple側のタイミングで突然リジェクトされる可能性も高いため、3月以降は規定通り最新機種のスクリーンショットをアップロードするのが安全でしょう。