どのマネタイズ方法を選択するかというのは、アプリを作る前に決めなければならないことのうちの一つです。選ぶ時には、どういったビジネスモデル、ユーザーベースなのか、そしてあなたが既に作ったアプリを考慮してみてください。   アプリストアで利用可能なアプリの大部分は無料です。これがかつても当たり前だったというわけではないのですが、今有料アプリをリリースするのは間違いなく流行に反しています。言い換えると、代わりになるような無料アプリがある状況でも、ユーザーが喜んで彼らのアプリにお金を払うことに賭けているようなものです。   もしあなたが無料アプリを作るのなら、より多くのインストールを獲得するでしょう。幸い、有料アプリよりも収益を上げるようなマネタイズ方法はいくつかあります。当記事では、よくあるマネタイズ方法のメリットとデメリットをあげつつ、どれがあなたやあなたの顧客にとって良いかをご紹介します。   その前にまず、あなたが選んだマネタイズ方法とあなたのアプリの成功には相関関係があることを理解しておいてください。   806656a1-eba6-4d0b-95da-e4af6e09ca4d   以下がモバイルアプリによく使われるマネタイズ方法です。  

フリーミアム

これは、消費者がダウンロードするのも使うのも無料のアプリです。しかしながらこの戦略には、ユーザーが使用前に支払いを求められる追加機能があります。なぜこのモデルのアプリが多いかというと、フリーミアムモデルには柔軟性があるからです。これはどんなアプリにも対応するのです。   このモデルのメリットは、ユーザーにある機能へ課金させる前にアプリ自体を試す機会を与えられることです。多くの場合、ユーザーがアプリを使用してみてその価値を見出した時に、彼らは喜んで追加機能に課金しています。このモデルは無料アプリを通して、ユーザーベースを拡大する機会をあなたにもたらすでしょう。   それに対しデメリットとしては、あなたのアプリの無料機能が全て受け入れてもらえなかった場合、ユーザーを失うということです。喜んでアプリに課金するユーザーなどほとんどいないことを考慮すると、無料で彼らを楽しませるような機能を充分据え置かなければならないのは明白です。つまり他の機能にお金を払う意味を持たせなければならないということです。この時、ちょうど良いバランスにするのはそんなに簡単ではありません。   多くの無料機能を与えすぎてしまうと、結果として問題が出てきます。この場合、ユーザーは快適すぎてアップグレードしなくなります。そのため、無料機能の数を決めるときは慎重にならなければなりません。   まとめるとアプリに(ゲームのような)段階があるときや、アクティブユーザーが喜んで課金するような追加機能を提供できるときにこのモデルが適切です。  

アプリ内広告

このモデルは、ユーザーベースからお金をもらわずにマネタイズすることができるため、とてもメジャーになってきています。アプリ内広告の場合、アプリ自体は無料でダウンロード可能にできます。こうしてユーザーベースを作り、その後企業があなたに広告費を払うのです。   これをしっかりとできるなら、とても良い選択です。もし広告があなたのアプリに関係し、いやいっそのこと、ユーザーによってパーソナライズされたものだったとき、彼らはアプリを使うに際して広告など気にしないでしょう。しかしながら、アプリ内広告は1ユーザーあたりの収益が少ないので、もしあなたのユーザーベースが巨大ならとてもうまくいきます。 逆に自分のアプリがそんなにヒットしないと思うなら、代わりとなる戦略を選んだほうがいいでしょう。   つまりフリーミアムモデルやアプリ内課金を取り入れる機会がなく、元の機能だけでヒットすると思うなら、このモデルは最高な戦略になるでしょう。また、パーソナライズした広告を提供するようなデータ処理装置が組み込まれているとき、アプリ内広告は力を最大限に発揮します。  

スポンサーシップ

つまり企業にスポンサーになる機会を与えるということです。このモデルは一番取り入れるのが難しいです。しかし、それでもこのモデルがすべてのマネタイズ方法の中で最も効果的なのです。   このモデルには明確なメリットがあり、それはユーザー体験の妨害を最小限にすることです。全ての人が得をします。あなたはスポンサーからお金をもらい、彼らは潜在顧客に名前を売ることができ、そして、ユーザーは広告の少ないアプリを無料でダウンロードできるのです。   このモデルの難しいところは、企業にスポンサー契約を結ぶ能力があるかによるところです。あなたのアプリは新しく、大きなユーザーベースを持っていないのではないでしょうか?その場合、スポンサー契約を結ぶのは大変でしょう。あなたのアプリは便利でスポンサーに利益をもたらすということを彼らに信じさせるには、強いブランド力と洗練されたアプリのユーザーのデータが必要です。  

アプリ内課金

ここでは、アプリ内で現物もしくは仮想の物を購入する選択肢をユーザーに与えます。これはゲームに限った話ではありません。多くのアプリでは追加機能をユーザーに購入させます。つまり全てのアプリで、追加機能やツールを提供することができ、おそらくそれはより良い機能やコンテンツでしょう。   このモデルの最も大きなメリットは、アプリが失敗した時のリスクが最小限であることです。それに対し、このモデルを使用するとアプリストアが課金の収益の30%を回収し、アプリをダウンロードするのを嫌がるユーザーもいるというのがデメリットです。  

サブスクリプション

このモデルでも無料でアプリを提供しますが、ユーザーがより楽しむための有料コンテンツを含んでいます。この種のアプリの収益源は、ユーザーの有料コンテンツへの課金です。   常に収益が入ってくるシステムがこのモデルの魅力です。しかしユーザーに常に新鮮で質の高いコンテンツを提供するために、油断しないようにしましょう。そうでないとユーザーを失うリスクがあります。このモデルでは、強く忠実なアクティブユーザーを抱えることができますが、それはあなたが質の高いコンテンツを提供している結果なのです。   このモデルで難しいのは、全てのアプリにうまく適合するわけではないところです。付け加えて、ユーザーはこのサービスに支払い続けることを約束する必要が出てきます。全てのユーザーが喜んでそうするかといえばそんなことはありません。もしこの戦略でいくつもりなら、初回無料キャンペーンもしくはお試し価格を準備しておくべきです。   どのコンテンツを無料で提供し、他は有料で提供するのかの線引きは慎重に行ってください。その決断があなたのアプリの成功への長い道のりのスタートとなるのです。  

どのようにあなたのアプリに最適な戦略を決めればいいのか?

あなたのアプリにおける最も良いマネタイズ方法は、あなたのアプリ事業だけでなくその機能やユーザーベースにも適合するものなのです。 これらのモデルは異なっても、互いに排他的ではありません。もしあなたがアプリの中で複数のモデルを使えるのなら、やってみてうまくいくか見てみてください。実際多くのアプリは、どのモデルがユーザーに合っているのか見つけるために、定期的に複数のモデルを使っています。   画像引用 : “Business man pointing the text: How Your App Can Turn a Profit? / Shutterstock.com  

この記事は、Tweak Your Bizの記事 “How to Choose the Right Monetization Strategy for Your Mobile App“ を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on Tweak Your Biz in English under the permission from the author.


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら