アプリマーケティング用語集

CPIとは

CPIとはCost Per Installの略で、広告媒体を通じてApp StoreやGoogle Play ストアからアプリをインストールしたときのコストを表す指標です。CPI広告とは、アプリのインストールに応じて収益が発生するタイプの広告商品のことです。

 

CPI-ad

 

CPIの計算方法

CPIはアプリを新規インストールしてもらうためにかかったコストを獲得したユーザー数で割ることで算出できます。

 

CPI = Acquisition Cost ÷ Installs

 

CPI広告がCPC広告より高単価になる理由

CPI tree
CPI広告はクリック数に応じて収益が発生するCPC広告より1件あたりの単価が高くなります。その理由は、CPCは総コストを広告のクリック回数で割ることで算出できますが、広告をクリックしたユーザー全員が実際にアプリをインストールすること(CVRが100%になること)はほとんどありえないからです。

 

cpi,cpc

広告をクリックしたユーザー全員がアプリをインストールすることはない

 

CPIの目標値を決めることによって、コストに対してどれくらいのインストール数が必要になるのか、クリックしたユーザーの何パーセントにインストールしてもらえばいいのかなどを考えることができます。

 


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら