アプリマーケティング用語集

広告出稿によるユーザー獲得施策でよく使われるCVRとCTRという指標ですが、その正しい意味と両者の違いを把握できているでしょうか?今回はそれぞれの指標の解説とアプリマーケティングにおける具体的な使用例をご紹介します!

 

CVRとは?

CVR(Conversion Rate:コンバージョンレート)とは、広告のリンクをクリックした数のうち、何割がコンバージョン(商品購入や資料請求などの、Webサイトやアプリ上から獲得できる最終成果)に至るかの割合を示す指標です。広告やのパフォーマンスを知るのに役立ちます。

 

広告におけるCVRとCTRの違い

CVRと混同しやすいのがCTR(Click Through Rate:クリック・スルー・レート)です。こちらも広告の効果を測定するための指標として使われますが、CVRが広告をクリックしたユーザーのうちコンバージョンに至った割合を示す指標であるのに対し、CTRは広告が表示されたユーザーのうちクリックした割合を示す指標になります。

 

 指標 意味 計算式
 CVR 広告のクリック数のうち獲得できたコンバージョンの割合 コンバージョン数÷クリック数×100
 CTR 広告が表示された際のクリックされる割合 クリック数÷広告表示数×100

 

広告を配信しても最終的にコンバージョンに至らなければ売り上げ増加にはなりません。しかしコンバージョン数を増加させるには、効果的な広告によってクリック数を稼ぎ、意欲の高い見込み客をより多く獲得することも重要となります。CTRは広告施策の効果を比較する際の大切な指標のひとつとなります。

 

アプリにおけるCVR・CTRの計算例

CVR

例えばFacebookのアプリインストール広告において、「パターンAの広告」と「パターンBの広告」を配信し、それぞれクリック数が1,000回と1,500回・コンバージョン数(アプリのインストール数)が300と600だった場合、CVRは以下のようになります。

 

 広告パターン クリック数 コンバージョン数 CVR
 A 1,000 300 30%
 B 1,500 600 40%

 

この場合「パターンBの広告」は「パターンAの広告」に比べてCVRが高く、クリックした人を効率良くアプリのインストールまで誘導出来ていると判断できます。

 

CTR

例えばFacebookのアプリインストール広告において、「パターンAの広告」と「パターンB広告」を配信し、それぞれ広告表示数が20,000回と40,000回・クリック数が1,000回と1,500回だった場合、CTRは以下のようになります。

 

 広告パターン 広告表示回数 クリック数 CTR
 A 20,000 1,000 5%
 B 40,000 1,500 3.75%

 

この場合「パターンAの広告」は「パターンBの広告」に比べてCTRが高く、効率良く客を惹きつけて、クリックまで誘導出来ていると判断出来ます。

 

CVRとCTRの関係

CTRが高くてもCVRが低いというケースも多く見られます。例えばアプリインストール広告の場合、出稿先のチョイスや広告のクリエイティブに問題はなくても、広告で訴求している内容と広告から遷移してくるランディングページであるアプリのストアページの内容があまりにも異なっているとユーザーが「広告でアピールしていることと違う」と感じインストールをためらってしまうかもしれません。

 

ctr−cvr

 

 

反対に、CVRが高くCTRが低いというケースでは、コンバージョンを促すランディングページに問題はありませんが広告がクリックされていないので広告の出稿先、クリエイティブ、訴求文言などを見直す必要があります。

 

lp-ad-matrix

CVRも重要ですが、コンバージョンする可能性のあるユーザーをより多く呼び込むためにはCTRもウォッチする必要があります。