本資料では『Repro』を活用し、各アプリが抱えていた課題に対して行った施策とその結果が載っております。参考になれば幸いです。