アプリマーケティング用語集

MVPとは?AirbnbやTwitterなどタイプ別のサービス事例もご紹介!

MVPとは

MVPとはMinimum Viable Product の略で、日本語では実用最小限の製品と訳されます。

 

最小限の機能を搭載した製品を小規模なグループにテストし、フィードバックをもらうことで、素早くフィードバックループを回転させ、製品がユーザーの需要に応えているかについての仮説を検証するために利用します。

 

Henrik Kniberg氏が描いた下記のイラストはMVPを端的に表しています。MVPが目指すのは、始めから複雑なものを目指して製品開発を進める上の図ではなく、必要最小限の機能を提供してゆき、徐々に改善してゆく下の図のモデルです。

 

Making-sense-of-MVP-

参照: http://blog.crisp.se/2016/01/25/henrikkniberg/making-sense-of-mvp

 

最小限の機能とは?

最小限の機能とは「仮説を検証するのに過不足ない機能」という意味です。MVPを利用する段階では製品がユーザーの抱えている問題をどのくらい解決できているかの仮説を立てます。そして、そのデータ解析による定量的な検証とフィードバックによる定性的な検証を簡単にするために、機能は単純で少ないものの方がよいのです。

 

MVPを使うメリット

リスクを軽減しながら製品をニーズに応えたものにできる。

スタートアップが陥りやすい失敗の1つが製品を完璧な状態で公表するために、はじめから複雑な機能を搭載しようとすることです。製品が複雑であればあるほど、完成までに長い時間がかかり、コストも上がります。さらに、製品がユーザーのニーズに答えられていないリスクもありますが、そのことに、完成した後で気づいても遅いのです。

 

対照的に、MVPには製品にユーザーが抱えている問題を解決できているかをはかるための最小限の機能しか搭載させません。そのため、短期間に低コストで生み出すことが可能となります。

 

さらに、ユーザーのセグメントを仮定してユーザーテストを行うため、テストは小規模ですみます。テストユーザーにMVPを試用してもらい、その都度フィードバックをもらうため、商品の問題点を明らかにしやすいです。次のMVPをより、ユーザーのニーズに応えたものにします。これを繰り返して完成品に近づくのでユーザーのニーズに応えられないリスクを軽減できます。

 

MVPのタイプ、具体例

MVPには以下の4つのタイプがあります。

 

1.コンシェルジュ型

コンシェルジュ型のMVPとは製品を開発する前に人力で、製品、サービスに需要があるかを検証する方法です。

 

Airbnbはプロの写真家を使ったホストのほうがビジネスがうまくいくという仮説を元に、実際に写真家を使って、コンシェルジュ型のMVPを実施しました。予約数が2-3倍に増えたというテスト結果をもとにAirbnbは写真撮影サービスを導入し、成長を続けています。

 

slide1

参照:http://thenextweb.com/apps/2011/10/06/airbnb-launches-its-photography-program-with-13000-verified-properties/#gref

2.プロトタイプ

プロトタイプの製品をMVPとして利用することもできます。

 

TwitterのプロトタイプはOdeo1)Twitter創業者の一人が当時所属していたソフトウェア会社社内でメッセージのやりとりをしたり、グループチャットを行うために開発されました。そして、そこでのテストのフィードバックを踏まえた改善を施した上で2006年にリリースしたのです。

 

original-twitter

参照:http://perfectial.com/blog/why-you-should-not-wait-for-your-technical-co-founder/

3.オズの魔法使い

オズの魔法使いと呼ばれるMVPは、システムを構築する前に人間がそのシステムの働きをマニュアルで行い、ユーザーのニーズを確かめる方法です。

 

現在ではアマゾンに買収された「Zappos」というサービスも、はじめはこのMVPの手法を利用していました。「Zappos」はシステムを構築する前に注文ページのみのwebページを作成し、注文が来たときには創業者が自ら商品を買いに行き、発送していました。そうしてサービスの需要を確かめた後、本格的なシステムを構築したのです。
successful_mvp_05

参照:https://speckyboy.com/2014/10/01/successful-minimum-viable-products/

4.スモークテスト

スモークテストはユーザーが製品・サービスに興味を示すかを検証するためのMVPです。

 

Dropboxはサービスを開始する前に、スモークテストを行ったことで知られています。Dropboxが作成した3分あまりのビデオは大きな反響を呼び、ベータテストの希望者は、ビデオが公表されてからの一晩だけで5,000人から75,000人に増えました。

 

successful_mvp_01

参照:http://scalemybusiness.com/the-ultimate-guide-to-minimum-viable-products/

 

 

注釈   [ + ]

1.Twitter創業者の一人が当時所属していたソフトウェア会社