アプリマーケティング用語集

オンボーディングとは

初めてサービスを利用するユーザーを定着させるプロセスのことをオンボーディングと言います。初めて訪れたユーザーはそのサービスにどんな価値があるのか、何が得られるのかを理解していません。したがって新規ユーザー定着のためには「最高の体験」を提供して、それを通じてサービスの価値を理解してもらうことが重要になります。

 

「Wow!」という体験

オンボーディングを成功させるためには、ユーザーにいかに早く初回体験で「Wow!」と感じてもらうかが重要になります。(AHAモーメントとも言う。)「Wow!」とは「このサービスすごい!」「このサービス良い!」とユーザーに感じてもらえる瞬間のことです。初回体験でユーザーにサービスの価値を理解してもらうと同時に、「Wow!」という体験を提供できるかがユーザー定着のカギとなります。そのためにはユーザーの気持ちになって、「Wow!」という体験をデザインすることが必要です。

 

オンボーディングで何を伝えるか、どう伝えるか

ユーザーにサービスの価値を理解してもらい、「Wow!」と感じてもらうことがオンボーディング成功のために重要ですが、そこでポイントとなるのは「何を伝えるか」と「どのように伝えるか」です。

 

サービスがどんな価値を提供できるのか、他のサービスがある中でなぜこのサービスを使うべきなのか、どんなニーズを満たせるサービスなのか、といった「伝えるべきこと」がユーザーに響くものでなければ理解してもらえません。そのため「何を伝えるか」が重要になります。

 

次に重要な事は「どう伝えるか」です。ダイアログ型のアプリ内メッセージで伝えるべきなのか、チュートリアルで伝えるべきなのか、実際にユーザーにサービスを体験してもらうべきなのか。またどんなタイミングでログインを要求すればよいのか、どのようなプロセスでユーザーを導くのか。それらを最適に設計することが重要です。

オンボーディングの効果を測定する

新規ユーザーのオンボーディングが成功しているかどうかは「オンボーディングのプロセスで離脱がないこと」「オンボーディングによって新規ユーザーが定着していること」という2つの点で評価することができます。それぞれの効果測定方法についてご紹介します。

オンボーディングプロセスの離脱率を測定する

ファネル分析を活用することで、新規ユーザーがオンボーディングのどこでつまずいているのかを把握し修正を考えることができます。

 

例えば下図のような「初回起動 → 会員登録→使い方説明のチュートリアル→TOPページ」というオンボーディングのプロセスをたどるアプリがあったとします。このファネルを見ると「プロフィール情報入力画面」で離脱してしている事が分かるので、まずここの離脱率改善から着手しようと考えることができます。

 

オンボーディングファネル.001 (1)

オンボーディングによる新規ユーザー定着度を測定する

新規ユーザーのリテンションレートを見ることで、オンボーディングによる新規ユーザーの定着度合いを把握することができます。

 

アプリをDLした新規ユーザーの71%が翌日にはアプリを利用しなくなるというデータもあります。リテンション分析で効果を測定しながら、オンボーディングを改善させていくことが重要です。

 

アプリにおけるオンボーディング事例

ここからはアプリにおけるオンボーディングの事例についてご紹介します。

1. Linkedinのアプリのオンボーディングの工夫

LinkedinのiOSアプリにはオンボーディングプロセスにおける離脱率低下やオンボーディング後の再訪率上昇を促す施策が見られます。

 

リニューアルしたアプリ版Linkedinのオンボーディング体験を大解剖!

 

工夫①アプリから離れて行うメール認証をプロセスの最後に配置

メール認証による会員登録はユーザーが一度Linkedinアプリから離れてメールアプリを起動する必要がありますが、そのプロセスの前に名前やパスワードや会社名といったの個人情報をユーザーに記入してもらうことによって、ユーザーに「こんなに色々と情報を入力したから登録しよう」という気持ちを起こさせオンボーディング中での離脱率を下げています。

 

linkedin02

 

工夫②オンボーディング中にアプリのパーソナライズを行ってもらい再訪率up

新規ユーザーに興味のある他のユーザーや企業のフォローを促し、新規ユーザーがまたアプリを利用したくなるような機能をオンボーディングのプロセスに組み込んでいます。

 

linkedin03

2.  Pinterestの新規ユーザーの定着率を測る指標

Pinterestでは新規ユーザーの定着率を測るために「1d7s」、「1rc7」などの指標を採用しています。「1d7s」とは新規会員登録後1週間以内に1回以上Pinterestを使用したユーザー数のことです。

 

また「1rc7」とは新規会員登録後1週間以内にrepinかpin1)repin,pinはPinterestの機能を行ったユーザー数を意味します。Pinterestはこれらの指標を用いて新規ユーザーのサインアップ後の定着率を測り、オンボーディングが成功しているかを見ています。

 

Pinterestがウォッチしている27の指標を大公開!

 

 


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら

注釈   [ + ]

1. repin,pinはPinterestの機能