アプリマーケティング用語集

KGI、KPIとは

 

KGI(Key Goal Indicator)とはビジネスの最終目標を定量的に評価できる指標です。重要目標達成指標とも呼ばれます。

 

KPI(Key Performance Indicator)とはKGIを達成するための各プロセスが適切に実施されているのかを定量的に評価するための指標です。重要業績評価指標とも呼ばれます。

 

KGIとKPIの違い

 

KGIはビジネスゴールを定量的に示した指標そのものであるのに対し、KPIはKGI達成までの各プロセスの達成度をはかるもので、ゴールまでの中間指標になります。

 

たとえば売上をKGIとした場合、売上の要因となるアクティブユーザーの数や課金率をKPIとしてモニタリングします。

 

KGIとKPIの関係を明確にするために、KPIツリーが使われます。詳しくは下記の記事をご覧下さい。

 

関連記事:【決定版】アプリ事業のKPIツリー!

KGIとは1

 

KPI設定時の注意点

 

KPIは下記の点に留意して設定しましょう。

 

1.必ず定量化できる指標にする

KGIもKPIも必ず数値としてモニタリングできるものでなければいけません。例えば「ユーザーにより満足してもらうアプリにしたい」といった場合、「ユーザーの満足 =アプリストアレビューの平均評価点数」など定量的に評価できる指標にすることでモニタリングや施策の効果検証が行いやすくなります。

 

2.KGIと結びついた指標にする

KPIがKGIと結びついていなければKPIを達成していたとしてもビジネスとして成功しません。例えば売上がKGIのアプリがあった場合、アプリの滞在時間が長くなっても売上には影響しなければ「滞在時間」というKPIは良い指標とは言えません。

 

KPIツリーを作成することで、KGIを構成する要素を分解して施策が実行可能になるレベルまで落とし込まれたKPIの洗い出しができます。

 

3.施策で改善可能なKPIにする

定量的なKPIを設定しても施策によって改善可能でなければモニタリングする意味がありません。必ず実行する施策とセットで考えましょう

 

KGI/KPI設定の具体例

ここからは売上をKGIとしたKPIツリーを用いてアプリのKGIとKPIについてご紹介します。

 

ECアプリの場合

 

KGIとは2

 

 

ECアプリでは売上はアクティブユーザーの数とユーザーの平均購入単価(ARPU)で構成されています。

 

Revenue = xAU × ARPU

 

ARPUはアプリで商品購入経験がないユーザーも含めた1人あたりの平均収益なので、課金率(PUR)と有料ユーザー1人あたりの平均収益(ARPPU)に分解することができます。

 

ARPU= PUR × ARPPU

 

このうちARPPUは「商品の単価」「一度当たりの購入点数」「購入頻度」という3つのKPIで構成され、この各KPIの改善がKGIである売上の改善につながります。

 

ARPPU = 商品単価 × 一度当たりの購入点数 × 購入頻度

ニュースアプリの場合

 

KGIとは3

 

 

クリック課金型の広告モデルを採用しているニュースアプリなどでもアクティブユーザー数とARPUが売上を構成しているのは同じですが、ARPUを構成するKPIが異なります。

 

クリック課金型の広告モデルの場合、ARPUは広告をクリックした時の単価(CPC)と広告をクリックする割合(CTR)に分解できます。

 

ARPU = CPC × CTR 

 

CTRは広告をクリックした数をニュースの閲覧数(PV)、つまり広告の表示回数で割ることで算出できます。

 

CTR = Click ÷ PV