KGI、KPIとは

KGI(Key Goal Indicator)とはビジネスの最終目標を定量的に評価できる指標です。重要目標達成指標とも呼ばれます。
KGIには、売上高や成約数、利益率などが当てはまります。

KPI(Key Performance Indicator)とはKGIを達成するための各プロセスが適切に実施されているのかを定量的に評価するための指標です。重要業績評価指標とも呼ばれます。
KPIには、セッション数やクリック数など指標が無数にありえますが、その中から自分にあった適切な指標をを選ぶことが重要です。

KGIとKPIの違い

KGIはビジネスゴールを定量的に示した指標そのものであるのに対し、KPIはKGI達成までの各プロセスの達成度をはかるもので、ゴールまでの中間指標になります。
要するにKPIは「過程」を見る指標なのに対して、KGIが「結果」を見る指標です。

たとえば売上をKGIとした場合、売上の要因となるアクティブユーザーの数や課金率をKPIとしてモニタリングします。   KGIとKPIの関係を明確にするために、KPIツリーが使われます。詳しくは下記の記事をご覧下さい。   関連記事:【決定版】アプリ事業のKPIツリー! KGIとは1

KPI設定時の注意点

全体の目標をまずKGIとして設定し、そこから逆算して各種のKPIを算出します。

KPIは下記の点に留意して設定しましょう。

1.必ず定量化できる指標にする

KGIもKPIも必ず数値としてモニタリングできるものでなければいけません。そうでなければ、実際に達成できているのかどうか、メンバーの間で認識のズレが生じ、話が噛み合わなくなるからです。例えば「ユーザーにより満足してもらうアプリにしたい」といった場合、「ユーザーの満足 =アプリストアレビューの平均評価点数」など定量的に評価できる指標にすることでモニタリングや施策の効果検証が行いやすくなります。

2.KGIと結びついた指標にする

KPIがKGIと結びついていなければKPIを達成していたとしてもビジネスとして成功しません。KPIにおける目標数値をクリアしていく先に、KGIの達成があるように、KPIが設計されていなければなりません。例えば売上がKGIのアプリがあった場合、アプリの滞在時間が長くなっても売上には影響しなければ「滞在時間」というKPIは良い指標とは言えません。   KPIツリーを作成することで、KGIを構成する要素を分解して施策が実行可能になるレベルまで落とし込まれたKPIの洗い出しができます。

3.施策で改善可能なKPIにする

定量的なKPIを設定しても施策によって改善可能でなければモニタリングする意味がありません。KPIが施策と結びついていれば、施策の成果を定期的に検証でき効果的です。必ず実行する施策とセットで考えましょう。

各KGI/KPIの設定方法

ここからは一部KGI/KPIの設定方法についてご紹介します。

継続率

継続率を分析することで、どれくらいのユーザーがアプリを継続して使い続けているのかを確認することができます。Googleアナリティクスなどほかのアクセス解析ツールではコホート分析とも言います。継続率を確認できれば、1ユーザーあたりの売上を明確にしたり、ROIを考慮したユーザー獲得コストの最適化を行ったりすることが可能になります。

継続率を分析する詳しいメリットや、運用方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

アプリ成長のカギは継続率! (リテンション分析を用いたアプリのグロースハック①)

継続率を分析する重要性はわかっており、すでに分析も行っているけれど、実際に自社アプリの継続率が高いのか低いのかがわからないという方も多いでしょう。こちらの記事では、継続率のベンチマークや、継続率を高くする方法を紹介しています。

アプリにおける良いリテンション率とは?

新規流入

既存ユーザーのみでは売り上げを伸ばすにも限界があるため、新規ユーザーを獲得することも売り上げを増やすためには重要です。新規ユーザーを獲得する方法はストア流入と広告流入、口コミ流入の3つが考えられます。

ストア流入

ASO (アプリストア最適化) を行うことでアプリストアからの流入 (DL数) を増やせます。ASOの重要性や、方法など詳しくはこちらをご覧ください。

ASO (アプリストア最適化) とは?上位表示されるために重要な要素一覧

広告流入

SNSなどの広告プラットフォームを活用すれば、より多くの新規ユーザーにアプリのDLをはたらきかけることが可能になります。

口コミ流入

2017年、ゲームスタイル研究所による調査では、アプリをダウンロードする際、友人や知人、家族の評判/口コミを参考にする人がおよそ4割いることがわかっています。

口コミでアプリのダウンロード数を伸ばす方法についてはこちらの記事をご覧ください。

口コミ活用 リファラルマーケティングで成果を出すための7つのステップ

 

最後に

いかがでしたか?各KPIを正しく設定することで、KGIを達成するまでのスピードが大きく改善されます。今回紹介した記事を参考に、KPIを設定してみてください。


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


【毎月5社 限定】ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら

関連記事はありません