広告疲れとは、特定の広告があまりに繰り返し表示され、ユーザーが広告に疲れてしまうことを指します。今回は広告疲れの原因と、解決策についてご紹介します。

Image Source: http://jingchi-lu.squarespace.com/inmoji/

広告疲れの原因と状況

広告疲れする理由のひとつに、広告の表示頻度の高さが挙げられます。キャンペーンを開始して間もなく出稿者は大きな成果が得られます。しかし少し時間が経過すると、オーディエンスは何度も目にしたクリエイティブに飽きてきます。するとクリック率 (Click Through Rate, CTR) が落ちてしまい、クリック単価 (Cost Per Click, CPC) はどんどん上がっていきます。

ImageSource:https://adespresso.com/academy/blog/overcome-ad-fatigue-keep-cpa-down/

広告疲れを阻止する良い方法とは?

広告の最適化を続ける

最適化の方針を決める3つの重要な要素があります。この要素をもとに広告を改善しましょう。

オーディエンスサイズ

キャンペーンの最初にターゲットオーディエンスを設定しているはずです。オーディエンスサイズをもとに、どの程度の期間で広告を不快に感じられるようになったのか特定する必要があります。

予算

自分の予算は把握できているので、これをもとに広告を見た人数がわかります。

クリエイティブの数

クリエイティブの数を増やすことも大切です。新たな要素が追加されれば、見る人の興味を引きます。単純ですが大きな効果が期待できる手段です。

Image Source: https://www.slideshare.net/hanapinmarketing/drive-quality-conversions-for-your-brand-with-facebook-ads

広告の構造を変える

広告の構造について少し考えてみましょう。ここで失敗すれば、広告疲れを助長してしまう可能性もあります。

ディスプレイ広告、動画広告、検索広告など変化をつける

フォーマットの選び方を間違えると、プロモーションしたい製品を顧客に必要だと思ってもらえないことがあります。選択できるフォーマットは様々です。すべての場合を分析し、製品に適した方法を見つけなければなりません。効果の高い施策を集中的に行いましょう。予算面から見てもそれが賢いやり方です。

広告を表示する場所を変える

フォーマットを見直したら、次は広告を表示する場所を再度検討すべきです。キャンペーンにどのプラットフォームを利用したかによって、選択肢はある程度限られてきますが、今よりもパフォーマンスを向上できる場所が見つかるはずです。

様々なクリエイティブを利用する

クリエイティブを見直しましょう。今広告に使っている画像や動画で、製品の良さをしっかりと伝えることができていますか?広告疲れを引き起こさないためにも新しいクリエイティブを用意する必要があります。

ImageSource: https://www.slideshare.net/MMIAgency/uhd-ama-influencing-todays-consumers-through-social-advertising

A/Bテストをする

自社の強みを見直し、いくらか修正を加えることも必要です。広告の背景色や見出し、CTA (Call To Action) といった要素に少し変更を加え、何が起こるか見てみましょう。小さな要素でも、良い結果に繋げる大きな可能性を秘めています。また広告内の要素をひとつずつ置き換えることで、ベストな組み合わせを発見できます。

ImageSource: https://www.slideshare.net/WishpondTechnologiesLtd/how-to-create-a-targeted-facebook-ad-audience-using-power-editor

ターゲットオーディエンスのサイズに合わせて広告の頻度を調整する

広告を何回表示するとユーザーは広告疲れを起こしてしまうのか、この回数にはオーディエンスサイズが影響しています。例えば忘れ物がないかあまりに何度も繰り返し聞かれたら、腹が立ちますよね。広告の閲覧者もそうです。何度も広告を見せられるとうんざりしてしまいます。

ターゲットオーディエンスを入れ替える

オーディエンスの状況は常に大きく変動しています。この変動に適応しながらオーディエンスとの関係を続けていかなければなりません。ここでひとつ絶対にしてはならないことがあるとすれば、広告を出してそのまま放置してしまうことです。広告を出したら、閲覧者の様々な属性に注目し、グループを作って閲覧者を振り分けましょう。そして1人の閲覧者に広告を1回以上、3回未満表示するように設定します。ただしすでに広告をクリックした人に対してに同じ広告を表示してはいけません。

広告を表示するスケジュールを変える

どの瞬間に広告を表示するかもしっかり検討する必要があります。クリエイティブを入れ替え、1日のうち適切な瞬間に表示できるように設定すれば、成果が得られるでしょう。いろいろなコンセプトを試してみましょう。

様々な指標をもとに広告を分析する

ここまでさまざまな広告疲れを回避するための方法を提示してきましたが、このようなアドバイスがどこから生まれるのだろうと思っている方もいるでしょう。その答えは簡単です。過去のすべての施策を評価した上で、閲覧者を理解し、彼らの趣向を把握することに努めた結果が、ここで紹介したアドバイスとなっているのです。さっそくこれまでの施策を分析しましょう!

Image Source: https://www.slideshare.net/jessicatams1/ab-testing-optimization-for-creatives-in-user-acquisition-erdem-inan

CTRが向上しない場合

上記のアドバイスをすべて実践したら、後はCTRが大きく改善するよう願うのみです。しかし有意義な結果が得られなかったら、それは大きく変化させる必要があるタイミングだということです。

広告のコンセプトを一新する

まずは製品を紹介する方法から再構築する必要があります。オーディエンスが広告など見たくないと思ってしまわないように注意すると共に、無駄な出費を防がなければなりません。

ImageSource: http://451heat.com/2012/01/13/are-your-facebook-ads-tired-3-quick-tips-to-combat-ad-fatigue/

キャンペーンの方針を変える

視点を変え、プロモーション用のコンテンツを違った角度から紹介しましょう。オーディエンスにメッセージを届ける方法を改善し続けることで、広告疲れを減らすことができます。

価格に違いをつける

自分の製品を使って人々に感動を与えたいのであれば、人々が得するような何かを提供する必要があります。広告に特別料金や値引きと表記されていれば、人々の注目を集めることができます。何かを売りたい時にあらゆる手を使って売ろうとするよりも、ただ価格を提示するだけで、どんなマーケティングテクニックよりも多くの成果を得られることがあります。

最後に

広告疲れを回避する方法について理解できましたでしょうか。また、人々と広告との良い関係を構築するために、不可欠な要素があるということを忘れないようにしましょう。広告を表示する頻度を調整し、閲覧者から得られたデータに従い広告を最適化することで、目標を達成する大きなチャンスを掴むことができます。広告を何度も新しくすることが成功の秘訣です。

この記事は、App Samurai社のブログ”Ultimate Plan For Attacking Mobile Ad Fatigue“を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on App Samurai in English under the permission from the author.


モバイルアプリの成長支援パートナー「Repro」

「Growth Hack Journal」を運営している「Repro」は、アプリ解析・マーケティングツールの提供からユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等のソリューションまでワンストップで提供、アプリの成長を支援しています。

提供サービスについて詳細はこちら


【毎月5社 限定】ASO無料診断実施中!

ユーザーがアプリ見つけやすいよう、アプリストア内のコンテンツを最適化することは重要です。ASOの改善余地について、無料で診断します。

お問い合わせはこちら

プッシュ通知許諾率無料診断実施中!

自社アプリのプッシュ通知の許諾率の解析、および許諾率を改善した場合に増加するユーザーの再訪数やコンバージョン数を無料でシミュレーションします。

お問い合わせはこちら